Lewis Leathersのジャケットの袖のパーツの裏地を新しいものに交換 革ジャン裏地直し

ルイスレザーズのジャケットの袖のパーツの裏地の脇や袖先が破れだしてるのを

新しい裏地の生地を使って交換していきます。

今回は茨城県からの郵送のお客さんで荷物と一緒に袖のパーツの裏地の交換生地と

メモに左右の袖の裏地を用意した生地に交換したいことが書いてありました。

ルイスレザーズの裏地は年代や裏地の生地の仕様にもよりますが

胴体側が赤のキルティングのものは袖のパーツがベージュっぽいサテン生地の仕様が多いです。

今回はベージュっぽいサテンの生地が破れてましてお客さんの好みで

黒のサテンの生地に取り替えていきます。

レザージャケットの場合の裏地がサテンやナイロンのキルティングの生地が多いのは

裏地が滑る素材じゃないと中に着てる服に動作の時に裏地が引っ掛かりやすく

生地に負荷がかかって破れやすくなりますので胴体側はまだコットンの様な滑らない生地でもいいですが

袖のパーツは出来るだけナイロン生地の滑るものを使われた方が裏地も長持ちします。

これからレザージャケットの裏地の交換をお考えのお客さんの参考になればとブログに書いてみました。

1枚目は茨城県からの郵送のお客さんの左右の裏地を交換していくルイスレザーズです。

2枚目は裏地の袖の部分の着ていて所々破れだした写真でこの裏地を取り外していきます。

3枚目は裏地を取り外していくのに反対側にひっくり返した袖のパーツの写真です。

4枚目はお客さんが用意してくださった袖の裏地のパーツに使う黒のサテン生地です。

5枚目は左右の袖のパーツの裏地を胴体から取り外した後の写真です。

6枚目は裏地の左右の袖のパーツです。

7枚目は取り外した裏地の縫い目をほどいて外側のパーツの型を取っていく前です。

8枚目は新しいサテン生地で袖のパーツの外側をカットした後です。

9枚目は内側の袖のパーツの裏地の型を取っていく前です。

10枚目は内側のパーツの裏地の生地をカットした後の写真です。

11枚目は新しく左右の袖のパーツの裏地を組み付けた後です。

12枚目は左右の袖のパーツの裏地の写真です。

13枚目は作業終了後です。

この作業の料金は16000円です。

茨城県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。