大きいレザージャケットを小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し

大きいサイズのレザージャケットをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズしていきます。

レザージャケットのサイズダウンは胴体側のサイズを小さくしますと

それに合わせて袖のパーツも同じ様にサイズダウンしないと

胴体とのアームホールの縫いしろが変わってきますので組みあがりません。

また、肩幅だけを縮めたいというお客さんもいますが、

肩幅を縮めてしまいますと、胴体のアームホールの縫いしろが広がって

袖のパーツのアームホールに取り付ける縫いしろは広がりませんので

この場合も組みあがりません。

肩幅を縮めた場合は身幅も縮めて頂いて肩幅で広がった分のアームホールの縫いしろを

最低でも袖のパーツの縫いしろの長さに戻さないと組みあがりません。

今回は身幅を縮めて肩幅は触らなくアームホールのサイズダウンを重点的にして

脇の根元から二の腕にかけての腕の幅を細く仕上げたいとのことなんで

お客さんの好みのサイズに近づけていきます。

岩手県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(身幅、裾幅、腕幅、)と

仕上がりサイズを書いて頂いてます。

郵送でお客さんの気に入ったサンプルになるジャケットがない場合は仕上がりサイズだけですと

お客さんがどの位置を計られたのかこちらが解りませんので現状のサイズを書いて頂くと

同じ長さの位置を確認してから作業が出来ますので必ず書いて頂いてます。

1枚目は岩手県からの郵送のお客さんの好みのサイズより大きいレザージャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後のレザージャケットの胴体の写真です。

3枚目は脇から裾までのサイドの縫い目をほどいて余分なレザーをカットしていきます。

4枚目は脇から裾のサイドの縫い目をばらした後の写真です。

5枚目は余分なレザーをカットした後の写真です。

6枚目は裏地も同じ様に脇から裾のサテン生地をばらしてカットしていきます。

7枚目は裏地のサイドの生地をほどいた後です。

8枚目は裏地の脇から裾のサイドの生地をカットした後です。

10枚目はカットした後に組み直した後の裏地の写真です。

11枚目は表の脇から裾をカットして組み直した後です。

12枚目は左右の袖のパーツのサイズを縮めていきます。

13枚目は脇のアームホール部分から袖先にかけて腕の幅を縮めていく前です。

14枚目は脇から袖先にかけてお客さんの好みの幅に縮めた後です。

15枚目は写真左が腕の幅を変更する前で、写真右が腕の幅を変更した後です。

16枚目は17枚目との比較でサイズダウン前のレザージャケットの写真です。

17枚目はサイズダウン後のレザージャケットの写真です。

18枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

岩手県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。