所々破れだしてるレザージャケットの裏地を新しいものに交換 革ジャン裏地取り替え

レザージャケットの裏地の裾や肩の縫い目付近がすれて所々破れているものを

お客さんが選んで用意してくださった生地で裏地を交換していきます。

今回のお客さんは東京からの郵送で電話での問い合わせで

所々破れてきた裏地を直したいとのことだったんですが、

その時はこちらは現物を見ていないのではっきりは言えませんでしたが

所々破れてる裏地は破れてる以外の生地も弱ってますので

部分部分で直すとそこの強度が強くなり重なった位置に力がかかり

弱ってる生地が着て動作をしているうちに、また破れだす恐れがあるのではないでしょうか?

と、答えましたらお客さんは新しい生地で交換したいとのことで

キルティングの生地を希望されたんですが色がゴールドとのことで

生地屋さんで探してはみますがお客さんのイメージのゴールドの裏地があるかどうかは

解らないといいますと、お客さんが自分で生地屋さんに行って選んで送るとのことになり

お客さんが購入されたゴールドのキルティングの裏地に交換していきます。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの裏地を新しく交換していくレザージャケットです。

2枚目は使い込んで裏地の生地が所々すり減って破れだしてる交換前の写真です。

3枚目は使い込んで破れてしまってる裏地の裾の部分です。

写真では解りにくいですが背中や脇や肩辺りは破れかけてたり裏地がかなりすり減ってます。

4枚目は裏地に内ポケットがありますので新しく裏地に交換するときに

同じ様に内ポケットを作っていきます。

5枚目はお客さんが用意してくださったキルティングのゴールドの裏地の生地です。

6枚目はすり減ったころのキルティングの生地をレザージャケットから外した後の写真です。

7枚目はレザージャケットから外された黒のキルティングの裏地です。

これをパーツパーツにばらして肩を作って新しい裏地を製作していきます。

8枚目は裏地の胴体の前のパーツです。

同じ様に新しい生地をカットして内ポケットも同じ様に取り付けていきます。

9枚目は古い裏地から内ポケットを取り外した後の写真です。

10枚目は新しい生地で裏地のパーツを製作した後の写真です。

この後、内ポケットを取り付けていくのに加工します。

11枚目は内ポケットを新しい裏地の生地に取り付けた後の写真です。

12枚目は取り外した胴体の背中側の裏地に合わせて新しい生地で裏地を製作します。

13枚目は新しい背中の裏地の生地を作った後の写真です。

14枚目は腕周りはサテン生地の裏地でしたが確認したところ

袖のパーツもキルティングの生地で製作するとのことなんで

腕のパーツもキルティングで作っていきます。

15枚目は袖のパーツを新しいキルティングの生地で製作した後の写真です。

16枚目は新しい生地でレザージャケットに裏地を取り付けて交換した後の写真です。

17枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。