袖が長いルイスレザーのジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈直し

今回はルイスレザーのライダースジャケットの長い袖丈を短くリサイズしていきます。

袖丈を縮めていくのに袖先と袖山(肩側)からの2パターンのリサイズの仕方があります。

袖先からは袖の間にデザインで斜めに入った

ファスナー付きのポケットの様なものがなければ何cmでも袖丈を短く出来ますが、

ライダースジャケットの様な腕の肘部分がカーブがかかってるものは

袖先から縮めることによって肘のカーブとの距離が短くなって不自然な仕上がりになりますし

袖先のファスナーを外して位置を移動させて

袖幅も元の幅に合わせて縮めますので料金もかかります。

袖山(肩側)からの場合は二の腕の上の部分が短くなるんで

あまり袖丈を短くした違和感はありませんが、袖丈の長さを変える制限が

胴体のアームホールの縫いしろの関係もありまして袖のパーツを短くカットしすぎると

胴体のアームホールの縫いしろに狭くなった袖のアームホールの縫いしろが

縫い付けられなくなりますので仕上がりが4~5㎝短く出来る感じです。

群馬県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1630-1

1枚目は群馬県からの郵送のお客さんの長い袖丈を短くリサイズしていくルイスレザーズの革ジャンです。

jaket1630-2

2枚目は袖丈を短くするのに胴体のアームホールから袖のパーツを外した写真です。

jaket1630-3

3枚目は左右の袖のパーツを外した胴体の写真です。

jaket1630-4

4枚目は左右の袖のパーツで袖山(肩側)から短くしていきます。

jaket1630-5

5枚目は袖丈を短くカットする前です。

jaket1630-6

6枚目は袖丈をカットした後の写真です。

jaket1630-7

7枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様に袖丈をカットしていきます。

jaket1630-8

8枚目は裏地の袖丈をカットした後の写真です。

jaket1630-9

9枚目は10枚目との比較で長い袖丈の作業前です。

jaket1630-10

10枚目は袖丈を袖山からカットして組み直した後です。

jaket1630-11

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

群馬県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。