SCHOTT レザージャケット 袖丈詰め直し

ショットのレザージャケットの袖丈を袖山から短く直していきます。

まぁ、よく説明している袖山からの直しです。

袖先と袖山との仕上がりの違いですが、袖先からは10㎝短くしてければ

10㎝短く袖丈が出来ますが、袖先からの問題はレザージャケットの場合

袖先にファスナーが付いてますのでそれを分解して位置を変えるのに

料金は袖山からするよりかかりますし、袖のパーツは肘辺りにカーブがかかっていて

そのふくらみの位置が袖先からカットの場合は近づいてしまって

仕上がった時にバランスが悪いジャケットになります。

袖山からのデメリットは胴体のアームホールの縫いしろの関係で

4~5㎝の袖丈しか短く出来ません。

ただ、肘辺りのカーブは袖先との距離が同じなんで仕上がりは自然ですが

袖丈を短くする制限があります。

群馬県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1545-1

1枚目は群馬県からの郵送のお客さんの袖山から袖丈を短くしていく

ショットのレザージャケットです。

jaket1545-2

2枚目は袖山から袖丈を短くするんで左右の袖のパーツを外した後の胴体です。

jaket1545-3

3枚目は胴体から外した後の袖の左右のパーツです。

jaket1545-4

4枚目は袖山から袖丈を短くしていく前です。

jaket1545-5

5枚目は表のレザー部分の袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1545-6

6枚目は裏地の袖丈をおの手のレザー部分と同じ様にカットしていく前の写真です。

jaket1545-7

7枚目は裏地の袖丈を袖山からカットした後の写真です。

jaket1545-8

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くする前の写真です。

jaket1545-9

9枚目は袖山から袖丈を短くした後の写真です。

jaket1545-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

群馬県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。