大きいLewis Leathersのライダースジャケット小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し

お客さんのサイズ感より大きいルイスレザーズのライダースジャケットを

体型に合わせて動ける範囲で小さくリサイズしていきます。

動ける範囲の目安はファスナーを締めた状態で両手をバンザイして

胸のあたりが突っ張らないぐらいで身幅は縮めていきます。

腕を下げた状態では身幅は大きく縮めれますが、動作をして窮屈ですと

レザーが伸びてしまって乾燥して割れてしまったり破れたりしやすくなりますし、

身体自体も窮屈で長時間着てられない肩の凝るジャケットになってしまいます。

身幅や肘の辺りは動作のことも考えて、

ある程度は余裕があった方が長く着れるジャケットになります。

福島県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(身幅、腕幅、袖丈)と

仕上がりサイズが書いてありました。

郵送でお客さんの気に入ったサンプルになるジャケットがない場合は仕上がりサイズだけですと

お客さんがどの位置を計ったのかこちらが解りませんので現状のサイズを書いて頂けると

同じ長さの位置を探して確認できますので必ず書いて頂いてます。

jaket1776-1

1枚目は福島県からの郵送の大きいサイズをお客さんに合わせて小さくしていく前の

ルイスレザーズのライダースジャケットです。

jaket1776-2

2枚目は左右の袖のパーツを外して胴体からサイズダウンをしていきます。

jaket1776-3

3枚目は脇のサイドの縫い目を外して身幅を縮めていく前です。

jaket1776-4

4枚目は裏地も同じ様に身幅を縮めていくのにサイドの縫い目を外していきます。

jaket1776-5

5枚目はサイドのキルティングの生地をカットしていきます。

jaket1776-6

6枚目はサイドのキルティングの生地をカットした後の写真です。

jaket1776-7

7枚目は表の作業の写真を撮り忘れましたが、

身幅の余分なレザーをカットして組み直した後のサイドの写真です。

jaket1776-8

8枚目はサイズダウン後の胴体の写真です。

jaket1776-9

9枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

jaket1776-10

10枚目は袖山から袖丈を短くカットしていきます。

jaket1776-11

11枚目は袖山から袖丈をカットした後の写真です。

jaket1776-12

12枚目は裏地の袖丈も表と同じ様に生地をカットしていきます。

jaket1776-13

13枚目は袖山から裏地の生地をカットした後の写真です。

jaket1776-14

14枚目は袖幅を細くしていく前の写真です。

jaket1776-15

15枚目は袖幅を細く仕上げた後の写真です。

jaket1776-16

16枚目は17枚目との比較でサイズダウン前のルイスレザーズのライダースジャケットです。

jaket1776-17

17枚目はサイズダウン後のルイスレザーズのライダースジャケットです。

jaket1776-18

18枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

福島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。