お客さんの好みのサイズより大きいスタジアムジャンパーを小さくリサイズ スタジャン寸法直し

お客さんの好みのサイズより大きいスタジアムジャンパーを小さくしていきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズと仕上がりサイズが書いてありました。

郵送の場合でお客さんの気に入った見本になるようなジャケットがない場合は

仕上がりサイズや例えば肩幅何㎝縮めたいや身幅を何㎝縮めたいでは

左右のトータルで何㎝なのか片側だけで何㎝なのか円周で何㎝なのか平置きで何㎝なのか

こちらが解りませんので現状のサイズが何㎝で仕上がりサイズが何㎝と書いて頂くと

こちらとしては現状のサイズの同じ長さの位置を確認して作業が出来ますので

サンプルのジャケットがない場合はその様に書いて頂いてます。

お客さんの常識が個人個人の感覚で多少ずれてますので

こちらとしても理解できないまま作業は出来ませんのでお手数ですがサイズダウンの場合は

現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂いてます。

また、メーカーのサイズ表記をコピーしてサイズダウンをしたいと依頼される場合がありますが

メーカーのサイズ表記はこちらが知りたい位置の幅などが履いてない場合が多いので

やはり実寸で計って頂くのが一番いいと思います。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの大きいサイズのスタジャンです。

2枚目は着丈も短くしていきますので裾のリブニットのパーツを胴体から外していきます。

3枚目は裾のリブニットのパーツを外した後の写真です。

4枚目は表の生地の着丈を短くするのに生地をカットした後です。

スナップボタンやポケットの位置は着丈分、上には上げられませんので

裾のリブニットのパーツとの距離が近づきます。

5枚目は裏地も同じ様に着丈を短くしていきます。

6枚目は裏地の生地を表と同じ長さをカットした後です。

7枚目は着丈を短くした後の胴体でこの後、肩幅とサイドの脇から裾の生地をカットしていきます。

8枚目は肩幅を仕上がりサイズに合わせてカットしていきます。

9枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

10枚目は脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

11枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

12枚目は裏地の肩幅も表と同じ様にカットしていきます。

13枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

14枚目は裏地の脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

15枚目は胴体の肩幅、身幅、裾幅のサイズダウンを終えた写真です。

16枚目は裾のリブニットの幅をサイドの裾幅に合わせてサイズダウンしていきます。

7枚目はリブニットを開いて縫い目の位置を裾幅に合わせて細く縫い直します。

8枚目は細く縫い直してリブニットをカットした後の写真です。

9枚目は裾幅に合わせてサイズダウンした後のリブニットのパーツの写真です。

10枚目は裾のリブニットのパーツを取り付けた後の写真です。

11枚目は肩幅と身幅をカットしたアームホールの縫いしろに合わせて

袖のパーツを同じ長さの合わせて脇から肘にかけて若干細くして縫い直した後のスタジャンです。

この作業の料金は30000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。