ブランドの気に入ってる大きいサイズのレザージャケットを小さくサイズ直し 革ジャン寸法詰め

ブランドの気に入った大きいサイズのレザージャケットをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズしていきます。

今回は群馬県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状の肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈のサイズと

仕上がりサイズの同じ位置を書いて頂いていて仕上がりサイズにバランスよくサイズダウンがしたいことが書いてありました。

お客さんとはメールでレザージャケットの画像を送って頂いて着丈を短くしたいとのことだったんで

確認させていただいてサイドにポケットがありましたのである程度までしか短く出来ないことのやり取りをして送ってきていただきました。

現物を見てみないとサイズダウンが出来るかどうかはわからないことが多々ありますが

画像を送って頂ければある程度はデザインや形でどのようにサイズダウンが出来るのかが解りますので

郵送の場合はこちらに情報を頂ければ幸いです。

1枚目は群馬県からの郵送のお客さんの大きいサイズのレザージャケットです。

2枚目は着丈を短くしていきますのでフロントのファスナーを取り外した後の写真です。

3枚目はレザージャケットから取り外したファスナーの写真です。

着丈を短くする分、ファスナーも短くしていきます。

4枚目は着丈を短くしていくのに裾の帯部分のパーツを取り外していきます。

5枚目は裾の帯部分を取り外した後の写真です。

6枚目は着丈を短くしていくのに帯上のレザーをカットして仕上げていきます。

7枚目は裾のレザーをカットした後の写真です。

8枚目は裏地の裾部分の生地も表と同じようにカットしていきます。

9枚目は裏地の裾の生地をカットした後の写真です。

10枚目は着丈の裾のレザーと裏地の生地をカットした後の胴体の写真です。

11枚目は脇から裾のサイドのレザーをカットしてお客さんの好みの幅に仕上げていきます。

12枚目は脇から裾のサイドのレザーをカットした後の写真です。

13枚目は肩幅のレザーをカットしていきます。

14枚目は肩幅のレザーをカットした後の写真です。

15枚目は裏地のサイドの生地の脇から裾を表と同じようにカットしてきます。

16枚目は裏地の脇から裾のサイドの生地をカットしたとの写真です。

17枚目は裏地の肩幅の生地をカットしていきます。

18枚目は裏地の肩幅の生地をカットした後の写真です。

19枚目は表と裏地をカットして裾の帯のパーツも組み直した写真です。

20枚目はカットを終えて組み直した胴体の全体の写真です。

21枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

22枚目は袖山から袖丈を短くしていきます。

23枚目は袖山から袖丈を短くした後の写真です。

24枚目は裏地も同じように袖山から袖丈を短くしていきます。

25枚目は袖丈の裏地の生地をカットした後の写真です。

26枚目は袖のパーツの脇から袖先にかけての幅を

お客さんの仕上がりサイズの幅に合わせて細くしていきます。

27枚目は脇から袖先にかけて袖幅を細く仕上げた後の写真です。

28枚目は着丈を短くしたので生地手を短くした分、ファスナーを短くしていきます。

29枚目は着丈分、コマをカットした後の写真です。

30枚目はコマをカットしてストッパーを取り付けてテープをカットした後の写真です。

31枚目はファスナーを取り付けた後の写真です。

32枚目はサイドのポケット位置と裾の帯のパーツが着丈を短くした分、狭くなった写真です。

33枚目は34枚目との比較でサイズダウン前のレザージャケットです。

34枚目はサイズダウン後のレザージャケットの写真です。

35枚目は作業終了後です。

この作業の料金は38000円です。

群馬県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額3万円以上648円)はお客さん負担です。