長い袖のレザージャケットをお客さんの好みの長さに合わせて短くリサイズ 革ジャン袖丈詰め

長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに合わせて短くしていきます。

今回のお客さんは高知県からの郵送のお客さんで袖丈の長さが5㎝以上短くしたいそうなんで

アームホールの縫い目を外しての袖上の肩側からの直しは出来ませんので

袖先のファスナーを外してレザーと裏地をカットして

また、袖先のファスナーを同じ長さで組み直すようにレザーと裏地もカットして

袖先の幅をカット前の幅に合わせてサイドを細くしてから組み直していく作業になります。

今回のレザーの素材は柔らかいタイプのもので肘に対して袖先から

それ程カーブしたラインもなかったんで袖丈を袖先から直してもそれほど問題はありませんでした。

1枚目は高知県からの郵送のお客さんの袖丈が長いレザージャケットです。

2枚目は袖先から短く袖丈を直していきますのでファスナーを外して

袖先の表のレザーと裏地の生地をお客さんの好みの長さにカットして

袖先のファスナーの長さを同じ長さで取り付けていくのに

レザーと裏地の取り付け位置を袖丈と同じ長さを縦にカットして

ファスナーを取り付けて袖先の表のレザーと裏地を組み直していきます。

3枚目は袖先のファスナーを表のレザーつ裏地の生地から取り外した後の写真です。

4枚目は裏地の袖先の生地をお客さんの袖丈の指定の長さにカットする前に

ファスナーを同じ長さで移動しますので袖丈分、縦に生地をカットしていきます。

5枚目は裏地の袖丈を短くカットする前に

ファスナーの取り付け位置を上げるのに縦に生地をカットした後です。

6枚目はファスナーの取り付け位置を上げた後に袖丈を短く生地をカットした後です。

7枚目は表のレザー部分も裏地と同じ様に袖先から袖丈を短くしていきます。

8枚目はファスナーを同じ長さで取り付けたいのでファスナーの上げる位置の縫い目をほどいて

袖丈の長さ分、ファスナーを上げれるように加工した後の写真です。

9枚目はファスナーの位置の高さを合わして取り付けれるように

余分なレザーをカットした後の写真です。

10枚目は袖先のファスナー位置を上げてから袖先の長い余分なレザーを短くカットしていきます。

11枚目は袖先の長かったレザーをカットした後の写真です。

12枚目は裏地と表のレザー部分の袖先をカットしたんで幅が広がったんで

同じ袖先の幅になる様にサイドの幅を細く縫い直した後の写真です。

13枚目は袖先から長かった袖丈を短くカットしてファスナーの長さも同じ様に組み直した後です。

14枚目は15枚目との袖丈の長さの比較で袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

15枚目は袖丈を袖先から短くした後のレザージャケットです。

16枚目は作業終了後です。

この作業の料金は14000円です。