サイズの大きいschottのレザージャケットを小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し

大きいショットのレザージャケットをお客さんの体型に合わせて小さくリサイズしていきます。

ショットのレザージャケットは背中にアクションプリーツが付いてまして

腕の動作を動きやすくしていますが、今回のレザージャケットは肩幅を変更しますが

アクションプリーツの位置に届くほどの肩幅を変更しないので関係はないのですが、

肩幅を変更するときにアクションプリーツの移動をしないといけない場合がよくあります。

その場合はどうしても作業工程が増えますので料金も上がります。

また、アクションプリーツを閉じたいと依頼を受けますが、ないよりはある方が動作的には

動きやすくよく考えて作られた機能なんである方がいいと思います。

茨城県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅)と

仕上がりサイズを書いて頂いてます。

郵送の場合でお客さんの気に入った見本のジャケットがない場合は仕上がりサイズだけですと

お客さんがどの位置を計られたのかこちらが解りませんので現状のサイズを書いて頂くと

同じ長さの位置を確認してから作業が出来ますので必ず書いて頂いてます。

jaket1812-1

1枚目は茨城県からの郵送の大きいサイズをお客さんの

体型に合わせて小さくしていくショットのレザージャケットです。

jaket1812-2

2枚目はサイズダウンをしていくのに左右の袖のパーツを外した後です。

jaket1812-3

3枚目は裏返して表の脇から裾のサイドの身幅を細くしていきます。

jaket1812-4

4枚目はひっくり返した後にサイドの縫い目をばらした後です。

jaket1812-5

5枚目はサイドの余分なレザーをカットした後の写真です。

jaket1812-6

6枚目は肩幅を変更していきます。

始めに説明しましたが、今回は背中の各ションプリーツを移動することはないので

肩幅の余分ンアレザーをそのままカットしていきます。

jaket1812-7

7枚目は肩幅の余分なレザーをカットした後です。

jaket1812-8

8枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様にサイドから生地をカットしていきます。

jaket1812-9

9枚目は脇から裾の裏地の生地をカットした後です。

jaket1812-10

10枚目は裏地の肩幅の生地をカットしていきます。

jaket1812-11

11枚目は裏地の肩幅の生地をカットした後です。

jaket1812-12

12枚目はサイズダウン後に組み直した胴体です。

jaket1812-13

13枚目は左右の袖のパーツの二の腕から生地あたりのサイズダウンをする前です。

jaket1812-14

14枚目は二の腕から肘辺りの腕の幅のサイズダウン後です。

jaket1812-15

15枚目は16枚目との比較でサイズダウン前のショットのレザージャケットです。

jaket1812-16

16枚目はサイズダウン後のショットのレザージャケットです。

jaket1812-17

17枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

茨城県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。