大きいBelstaffのジャケットを小さくリサイズ アウター寸法直し

大きいサイズのベルスタッフのジャケットを小さくリサイズしていきます。

今回は和歌山県からのお郵送のお客さんで荷物と一緒に気に入ったサイズのジャケットと

メモにジャケットをサンプルにしてサイズダウンがしたいことが書いてありました。

サンプルとベルスタッフのジャケットを比べてみますと肩幅は同じ幅だったんで

身幅を縮めてアームホールをサイズダウンが出来て脇の根元から腕の幅を小さくしていきます。

肩幅を縮めますと身幅を縮めてもアームホールの幅はジャケットのセンターに寄るだけで

あまり変わらなかったり同じ幅の場合があります。

その様な場合は袖のパーツの根元の縫いしろも同じ長さにしないと

取り付けれませんので脇の根元から腕周りは細くは出来ません。

腕周りを脇の根元から細くしたい場合は

身幅を縮めて肩幅を触らない方が脇からサイズダウンが出来ます。

今回のジャケットは関係ないのですが肩幅だけを縮めたいという質問がありますが

肩幅だけを縮めることは出来ません。

アームホールの縫いしろが増えますので身幅を肩幅をカットした分、

縮めないと袖のパーツは取り付けることが出来ませんの

これからジャケットのサイズダウンをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は和歌山県からの郵送の大きいサイズのベルスタッフのジャケットです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズ感のジャケットでこれをサンプルにサイズ変更していきます。

3枚目は左右の袖のパーツを外した後のジャケットの胴体です。

4枚目は脇から裾のサイドの縫い目をばらして見本のジャケットの幅に合わせていきます。

5枚目は反対側にひっくり返して脇から裾の幅の生地をカットした後の写真です。

6枚目は裏地も表と同じ様に生地をカットしていきます。

7枚目は裏地も反対側にひっくり返して生地をカットしていく前です。

8枚目は脇から裾の裏地の生地をカットした後の写真です。

9枚目は脇から裾のサイドの縫い目を組み直した後の写真です。

10枚目は裏地の脇から裾の縫い目を組み直した後の写真です。

11枚目は胴体のサイズダウンがの写真です。

12枚目は左右の袖のパーツの袖丈と腕の幅を変更していきます。

13枚目は袖丈を袖山から短くしていきます。

14枚目は脇に別のパーツが付いてますのでそのパーツを外していきます。

15枚目は脇のパーツを外した後の写真です。

16枚目は脇のパーツを外して袖山から袖丈を短くした後の写真です。

17枚目は裏地の袖丈を短くしていきます。

18枚目は裏地の袖丈を短くカットした後の写真です。

19枚目は腕の幅をサンプルのジャケットの幅に合わせていきます。

20枚目は腕の幅のサイズ変更後の写真です。

21枚目は袖丈と腕の幅を縮めた後の脇のパーツを付け直した後の写真です。

22枚目は外側から見た脇のパーツの写真です。

23枚目は24枚目との比較でサイズ変更前のジャケットの写真です。

24枚目はサイズダウン後のジャケットの写真です。

25枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。

和歌山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。