タンカースジャケット 袖丈詰め直し

今回はタンカースジャケットの袖丈を短くしていく直しです。

まぁ、タンカースジャケットとフライトジャケットの違いは

縫い方やパーツ点数ではそんなに違いはありません。

去年の暮れにやってた映画フューリーの影響か

ブラッド ピットと同じ様にワッペンを付ける人は多いですが、

今回は袖丈直しなんで関係ない話になってしまいました。

福井県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1502-1

1枚目は福井県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のタンカースジャケットです。

jaket1502-2

2枚目は袖のリブを裏地と表地から外した後の写真です。

まぁ、このタンカースジャケットはまだ新しかったんで

袖リブにダメージがなかったんでそのまま袖丈を直せました。

jaket1502-3

3枚目は表地の袖丈を短くカットして、お客さんの好みの長さにした後です。

jaket1502-4

4枚目は表地の作業と同じ作業を裏地もやっていきます。

jaket1502-5

5枚目は裏地の袖丈を、お客さんの好みの長さにカットした後です。

jaket1502-6

6枚目は7枚目との比較で作業に入る前の袖丈を触ってないタンカースジャケットです。

jaket1502-7

7枚目は袖丈を短く仕上げた後のタンカースジャケットです。

jaket1502-8

8枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

福井県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。