長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんでお店で着ていただいて好みの長さを測っての作業になりました。

お客さんは肩口(袖山)から直したいとのことだったんでその場合は胴体側との身幅のアームホールの縫いしろの

長さの制限ありますので袖丈の長さは最大4~5㎝までしか短く出来ないことを理解していただいて作業に入りました。

今回のお客さんは何度も来ていただいてるお客さんで問題はないのですが、

初めて来店されるお客さんは必ずこのサイトのトップページ上の店舗案内からアクセスマップを見て頂ければ迷わず来れると思います。

店舗の入ってるビルは2つエレベーターがあるのですが、目立つ方のレッドロックというローストビーフ丼屋さんの

券売機前のエレベーターはビルの構造上3階までしか上がれません。

よくそこから上に行かないと3階から電話がかかってきますので

そのエレベーターには乗らずに1階の奥の角に鍵のかかった黒い扉があり右横にオートロックのインターフォンがありますので

それを503で呼び出しボタンを押して頂きますと鍵が開いて長二5階に行けるエレベーターがありますのでそちらでお願い致します。

ややこしいビルの構造なんで必ずアクセスマップには写真付きで説明してますのでそちらを確認していただければ幸いです。

1枚目は来店されたお客さんの袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は肩口(袖山)から袖丈を短くしていきますので左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は胴体のアームホールの縫い目から外した後の左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山から袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖山のレザーをカットした後の写真です。

6枚目は裏地も表と同じ長さの生地をカットしていきます。

7枚目は裏地の袖丈の生地をカットした後の写真です。

8枚目は左右の袖のパーツの袖丈を短くした後の写真です。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を肩口から短くしていく前のレザージャケットの写真です。

10枚目はレザージャケットを肩口から袖丈を短くした後の写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。