Lewis Leathers ライダースジャケット サイズ詰め直し

ルイスレザーズのライダースジャケットのサイズを縮めていく直しです。

よくお客さんでアームホールを縮めて二の腕を細くしたいといわれるんですが、

アームホールを細くするには身幅(胸)を細くしないと腕のアームホールは細くなりません。

胴体と袖のパーツを縫い付ける長さが同じでないと洋服は組みあがりませんので

腕だけを細くする場合と作業が違ってきます。

群馬県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅)と

仕上がりサイズを書いて頂いてます。

郵送で気に入ったサイズのジャケットがない場合は現状のサイズを書いて頂かないと

会ってませんのでお客さんがどの位置を計られたのか

仕上がりサイズだけですと微妙な位置が分かりませんので

現状のサイズを書いて頂けるとこちらもどの位置か確認が出来ます。

jaket1501-1

1枚目は群馬県からの郵送のお客さんで

ルイスレザーズのサイズを縮めていくライダースジャケットです。

jaket1501-2

2枚目は袖の左右のパーツを外した後の胴体です。

jaket1501-3

3枚目は身幅(胸)を縮めて胴体のアームホールを細くしていきます。

jaket1501-4

4枚目はサイドの縫い目を外した後の写真です。

jaket1501-5

5枚目は胸から裾にかけてのサイドのレザーをカットした後です。

jaket1501-6

6枚目は同じ作業を裏地もしていきます。

jaket1501-7

7枚目は裏地のサイドの縫い目を外した後です。

jaket1501-8

8枚目は裏地のキルティング部分をカットした後です。

jaket1501-9

9枚目は肩幅を縮めていく作業です。

jaket1501-10

10枚目は肩幅をカットした後です。

jaket1501-11

11枚目は裏地の肩幅を縮めていく前の写真です。

jaket1501-12

12枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

jaket1501-13

13枚目は裏地と表のレザー部分をカットした後に組み直した後です。

jaket1501-14

14枚目はサイズダウンをした後の胴体の写真です。

jaket1501-15

15枚目はサイズを変更していく前の袖の左右のパーツです。

jaket1501-16

16枚目は二の腕から肘の間を縮めていく前の袖パーツです。

jaket1501-17

17枚目は二の腕から肘の幅を縮めた後です。

jaket1501-18

18枚目は右の袖が二の腕から肘の幅を縮めた後で。

左の袖が二の腕から肘の幅を縮める前です。

比較すると腕の幅が違うのが分かると思います。

jaket1501-19

19枚目はサイズを変更していく前の写真です。

jaket1501-20

20枚目はサイズを変更した後です。

jaket1501-21

21枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

群馬県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。