SCHOTT ライダースジャケット 袖丈詰め直し

今回はショットのシングルライダースジャケットの袖丈を短くしていく直しです。

ショットのレザージャケットはアクションプリーツが付いてまして

そのアクションプリーツの脇のパーツも分解して袖丈を短くしていきます。

この脇のパーツがショットのレザージャケットのこだわり何でしょうが

直す方からしますと、かなりめんどくさいパーツになってます。

まぁ、じぃ~~~っとした姿勢で人間いるわけでもなく

動かすこと考えてあるんですが、ばらさないと組めないので普通より時間がかかります。

北海道からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1500-1

1枚目は北海道からの郵送のお客さんで

袖丈を短くしていくショットのシングルライダースジャケットです。

jaket1500-2

2枚目は袖の左右のパーツを外した後のシングルライダースの胴体部分です。

jaket1500-3

3枚目はライダースジャケットから外した後の左右の袖のパーツです。

写真でも分かりますが脇部分にパーツが付いてるのが分かると思います。

jaket1500-4

4枚目は肩側の上部分から見た袖のパーツです。

jaket1500-5

5枚目はは反対側から見た袖のパーツです。

jaket1500-6

6枚目は袖の脇のパーツを外した後です。

jaket1500-7

7枚目は袖丈をお客さんの好みの長さに短くカットした後の写真です。

そのあと脇のパーツを同じ様に縫い直してます。

jaket1500-8

8枚目は裏地も同じ様にパーツが付いてますので取り外して

表のレザーと同じ様に袖丈をカットして組み直しました。

jaket1500-9

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くする前のレザージャケットです。

jaket1500-10

10枚目は袖丈を短くした後の写真です。

jaket1500-11

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円です。

北海道への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。