裾幅の大きい666ライダースジャケットを体型に合わせて小さくリサイズ 革ジャン裾幅直し

着た時に体にはフィットしてるんですが、裾幅だけが広い

666ライダースジャケットの裾を身幅の脇の部分から自然なラインで細くしていきます。

今回のライダースジャケットはお客さんの体型に身幅は合ってまして

これ以上細くすると動作が窮屈になり腕が上がらず肩の凝る

ライダースジャケットになりますので身幅の脇は触らず裾にかけて絞っていきます。

兵庫県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(裾幅)と

仕上がりサイズが書いてありました。

郵送でお客さんの気に入ったサイズのジャケットをお借りできない場合は

仕上がりサイズだけですとお客さんがどの位置を計られたのかこちらが解りませんので

現状のサイズも書いて頂いて同じ長さの位置を確認したけら

作業に入りますので必ず書いて頂く様にしています。

1枚目は兵庫県からの郵送のお客さんの体型より裾幅だけが大きい666ライダースジャケットです。

2枚目は脇の身幅は触らずに裾幅にかけて自然なラインで絞っていきます。

3枚目は裏地の裾の部分を外して表側のひっくり返した反対側の写真です。

この後、脇から裾にかけて余分なレザー部分をカットして組み上げていくのですが、

どうしたことか、写真を撮り忘れて作業に没頭してたのか表側の写真がありません。

4枚目は表の縫い目から外した裏側の写真で裾幅を細くしていくのに

裏地のチェックの柄を外して裾のレザーの帯と分離させていきます。

5枚目は裏地のチェック柄の生地と裾のレザーの帯をばらした後です。

6枚目は裏地のサイドの生地を身幅から自然にカットして絞っていきます。

7枚目は脇から裾にかけて自然にサイドの生地をカットした後の写真です。

裾のレザーの帯の部分も同じ幅をカットして組み直していきます。

8枚目は裏地の裾幅を絞って組み直した後の写真です。

この後、先に裾幅をばらして組み直した表のレザー部分と組み直していきます。

9枚目は10枚目との比較で表のレザー部分と裏地の裾幅を細くする前の写真です。

10枚目は脇から裾のかけて自然に裾幅を細く絞った後の写真です。

11枚目は12枚目との比較で前から見た裾幅を細く絞る前の666ライダースジャケットです。

12枚目は裾幅をお客さんの好みの幅に絞った後の666ライダースジャケットです。

13枚目は作業終了後です。

この作業の料金は16000円です。

兵庫県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。