大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったTシャツに合わせて小さくリサイズ Tシャツ寸法直し

ブランドやプリントの気に入った大きいサイズのTシャツを

お客さんの気に入ったサイズのTシャツに合わせて小さくリサイズしていきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに気に入ったサイズのTシャツに合わせて

大きいサイズのTシャツを小さくしたいことが書いてありました。

Tシャツの胴回りは輪になってる筒状の生地をそのまま使ってる場合があり

縫い目がないのですが、身幅と裾幅をサイズダウンする場合はサイドの脇から裾にかけて

生地をカットしていきますのでサイズダウン後はサイドの縫い目が出来ます。

今回はその辺を画像で説明しようと思います。

これからTシャツのサイズダウンをお考えのお客さんで胴体が輪の筒状の生地を

仕上がりでは画像の様になることを理解して頂ければ幸いです。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツです。

このTシャツの肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を計ってサイズダウンをしていきます。

3枚目は長い着丈を短くカットしていきます。

4枚目は長い着丈をカットした後の写真です。

5枚目は脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

6枚目は脇から裾のサイドの写真で筒状になってる生地なんでサイドに縫いマガありませんが

サイズダウン後は生地をカットしますので縫い目が脇から裾に出来ます。

7枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

8枚目は肩幅の生地をカットしていく前の写真です。

9枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

10枚目は肩幅、身幅、裾幅、着丈の生地をカットした後のTシャツの胴体です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

12枚目は2枚目のTシャツに合わせて生地をカットしていきます。

13枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

この後、カットした胴体に袖のパーツを組み直していきます。

14枚目は袖のパーツを胴体に古味直志多写真で胴体にサイドの縫い目があるのが解ると思います。

 

15枚目は表側から見た袖先から裾にかけてのサイドの縫い目の写真です。

16枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。