プリントは気に入ってるけどサイズが大きいTシャツをサイズダウン Tシャツ縮め修理

プリントは気に入ってる大きいサイズのTシャツを

お客さんの気に入ったサイズ感に小さくしていきます。

今回のお客さんは郵送で気に入ったサイズがないので

メモに仕上がりサイズを書いて頂いてます。

ただ、仕上がりサイズだけですと郵送の場合はお客さんが

どの位置を計られたのかこちらが解りませんので必ず現状のサイズを書いて頂いてます。

現状のサイズを書いて頂きますと、

こちらも同じ長さの位置を確認出来ますので必ず書いて頂いてます。

着丈などはお客さんによって計る位置がまちまちで

一般的には首の後ろのリブ下ぐらいのタグの付け根ぐらいから

前見ごろの裾のセンターの位置ぐらいが平均的ですが、リブの上から計る人もいれば

前見ごろのリブの上から計る人や下の裾の位置でも寄れていたり

どの位置を計られたのかこちらとしては2~3cm誤差が出ますと仕上がりも

同じ長さだけサイズが変わってきますので必ず現状のサイズを書いて頂く様にしています。

お気に入りのTシャツのサイズを持ってない郵送のお客さんには

大変時間がかかるとは思いますが、現状のサイズを必ず書いて頂く様に宜しくお願い致します。

今回の神奈川県からの郵送のお客さんは現状と仕上がりのサイズをメモに書いて頂いてます。

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんの大きいサイズのTシャツで

このTシャツをメモを見ながら袖のパーツを

縫い目から外してばらしてサイズダウンをしていきます。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後のTシャツの胴体です。

3枚目は長い着丈を現状のサイズの位置となじ長さの位置から

仕上がりサイズの位置になる様に生地をカットしていきます。

4枚目は長かった着丈を仕上がりサイズに合わせて生地をカットした後です。

5枚目は脇から裾のサイドの生地を現状のサイズの幅の位置を確認して

仕上がりサイズにカットしていく前です。

6枚目は脇から裾の仕上がりサイズの幅になる様に生地をカットした後です。

7枚目は肩幅を現状のサイズから仕上がりサイズに生地をカットしていく前の写真です。

8枚目は肩幅の生地を仕上がりサイズに合わせてカットした後の写真です。

9枚目は現状のサイズから仕上がりサイズに合わせてTシャツの胴体のサイズダウンを終えた後です。

10枚目は左右の袖を現状のサイズから仕上がりサイズに変更していきます。

11枚目は袖のパーツを仕上がりサイズに合わせて生地をカットしていきます。

12枚目は現状のサイズから仕上がりサイズに余分な生地をカットした後です。

13枚目は左右の袖のパーツを仕上がりサイズに合わせた後の写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。