長い着丈のスカジャンをお客さんの好みの長さに短くリサイズ スカジャン着丈詰め直し

長い着丈のスカジャンをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は福井県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに着丈を短くしたいことが書いてありました。

スカジャンはリバーシブルなので表も裏もありませんがジャケットは裏地が付いてますので

作業工程はリバーシブルでなくても同じ作業をしていきます。

スカジャンはサイドにポケットが付いてますのでサイドのポケット下から裾のリブニットの上の生地の長さが

どれだけあるかで着丈を短くできる長さが決まってきます。

1枚目は福井県からの郵送のお客さんの着丈を短くしていく前のスカジャンです。

2枚目は着丈を短くしていきますので裾のリブニットのパーツを取り外す前にフロントのファスナーを取り外していきます。

3枚目はフロントのファスナーを取り外した後の写真です。

4枚目は裾のリブニットのパーツを取り外していきます。

5枚目は裾のリブニットのパーツを取り外した後の写真です。

6枚目は裾のリブニット上の生地をカットしてお客さんの好みの長さに短くしていきます。

7枚目はスカジャンの裾の生地をカットした後の写真です。

8枚目は反対側の生地の裾も同じ長さをカットしていきます。

9枚目は裾の着丈の生地をカットした後の写真です。

10枚目はフロントファスナーの長さも着丈を短くした分、同じ長さを短くしていきます。

11枚目は着丈分短くしていく前のファスナーの写真です。

12枚目は着丈を短くした長さをカットした後のファスナーの写真です。

13枚目はファスナーを短くして裾のリブニットのパーツを取り付けた後の写真です。

14枚目はフロントファスナーを着丈を短くした後に取り付けた後の写真です。

15枚目は16枚目との比較で着丈を短くしていく前の胴体の写真です。

16枚目は着丈を短くした後の胴体の写真です。

15枚目と比べますと着丈を短くした分、ポケットの位置が変わらないのですが裾をカットしたので下がったように見えると思います。

17枚目は作業終了後です。

この作業の料金は20000円です。

福井県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。