長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のレザージャケットを左右の袖のパーツを外して袖山からレザーと裏地をカットして袖丈を短くしていきます。

今回は岡山県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにレザージャケットの袖丈を短くしたいことが書いてありました。

袖丈を短くしていく作業は大きく分けて2パターンありまして袖先から短くしていく方法と

袖のパーツを胴体のアームホールの縫い目から外して袖山からレザーと裏地をカットして組み直していく方法です。

今回は袖山から袖丈を短くしていきます。

袖山から短くしていく方は袖先がファスナーなどが付いてる場合は

袖先の加工がない分、袖山からの方が安く仕上げられますし仕上がりも自然なバランスで袖丈が短くなります。

ただ、袖山からの袖丈の場合は胴体側との縫いしろの関係で長さの制限があります。

袖丈の長さは4~5㎝が限界になり袖以上の長さを短くすることは胴体側の身幅を縮めない限り出来ません。

これからレザージャケットの袖丈を短くしようとお考えのお客さんに参考になればと説明しました。

1枚目は岡山県からの郵送のお客さんの長い袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は袖丈を短くしていくのに左右の袖のパーツを外した後のレザージャケットの胴体です。

3枚目は袖山から袖丈を短くしていくのにアームホールの縫い目から外した左右の袖のパーツです。

4枚目は袖のパーツの袖山からレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目はレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

6枚目は裏地の生地をカットして表のレザー部分と同じ長さに仕上げていきます。

7枚目は裏地の袖丈の生地をカットした後の写真です。

8枚目は9枚目との比較で袖丈を袖山から短くしていく前のレザージャケットです。

9枚目は袖丈を袖山から短くした後のレザージャケットです。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

岡山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。