ファスナー付近のレザーが破れてしまったレザージャケットの直し 革ジャン破れ修理

ファスナー付近のレザーが引っ掛かって破れてしまったものを穴をふさいで直していきます。

今回は来店されたお客さんで引っ掛けてレザーが破れてしまったとのことでした。

レザーの場合は織り込んだ繊維ではないので糸で縫ってリペアーのようには直せません。

裏地をばらして後ろから広い範囲で布を貼り付けての直しになります。

はがれていたレザーは͡固定されますが破れた傷口の後は残ります。

たまにレザーをデニムのようなリペアをして直したいとの質問がありますが

レザーは生地ではないので糸を縫い込めば縫い込むほどレザーの繊維が粉々に砕けますのでそのような直しは出来ません。

来店のお客さんは店舗の入ってるビルの構造がややこしいので必ずこのサイトのトップページ上の店舗案内から

アクセスマップを見て来ていただければ幸いです。

写真付きで説明をしています。

店舗の入ってるビルは2つエレベーターがあるのですが、1階のレッドロックというローストビーフ丼屋さんの券売機前の

目立つエレベーターはビルの構造上3階までしか上がれません。

そこから上に行けないとよく電話がかかってきますのでそのエレベーターではなく1階の奥の角に

鍵のかかった黒い扉があり右横にオートロックのインターフォンがありますので

503で呼び出しボタンを押して頂ければ鍵が開いて中に5階まで上がれるエレベーターがありますのでそちらで来てくださいね。

ややこしいビルの構造なんで初めての来店のお客さんは必ずアクセスマップを確認していただければ幸いです。

1枚目は来店されたお客さんの引っ掛けて破れたレザージャケットです。

2枚目はファスナー付近の破れたレザージャケットの写真です。

3枚目は裏地とファスナーを外して破れたレザーの裏から広く布を貼り付けて補強していきます。

4枚目はレザーの裏側から布を広く貼り付けて裏地とファスナーを縫い直した後の写真です。

写真でもわかると思いますが、破れた傷は残ります。

5枚目はファスナーを閉めた破れを直したレザージャケットの写真です。

6枚目は作業終了後です。

この作業の料金は5000円です。