伸びて古くなったG-8のリブを新しいリブに取り換え G-8リブ交換

古くなって伸びたG-8フライトジャケットの襟と袖のリブニットを

ミリタリーショップMASHさんで購入したリブニットのセットで交換していきます。

G-8は左右の袖のリブニットの付け方が

サイドまでリブに生地があって取り付けが変わってます。

襟もボタンとフラップが付いてまして、古い襟のリブニットから

フラップとボタンを取り外して新しい襟に取り付けていかなければなりません。

静岡県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにミリタリーショップMASHさんで販売してる

G-8用のリブニットのセットを用意してすべての襟と袖を交換したいことが書いてありました。

jaket1622-1

1枚目は静岡県からの郵送のお客さんの左右の袖と襟のリブニットを

新しいものに交換していく前のG-8フライトジャケットです。

jaket1622-2

2枚目は交換前の襟と左右の袖のアップの写真です。

jaket1622-3

3枚目は襟の古くて伸びたリブニットを取り外した後の写真です。

jaket1622-4

4枚目はこちらでミリタリーショップMASHさんで購入した

WEP G-8用のニットセット(税込み5184円)です。

jaket1622-5

5枚目は左右の袖を外していく前の写真です。

jaket1622-6

6枚目は裏地と表の生地に縫い付けられてる袖です。

jaket1622-7

7枚目は裏地と表の生地から外した後の袖のリブニットです。

jaket1622-8

8枚目は左右の袖と襟の元々付いてたリブニットで

襟のリブニットのフラップとボタンを外して新しい襟の方に付け直していきます。

jaket1622-9

9枚目は新しくリブニットを襟と袖に取り付けた後のG-8フライトジャケットです。

jaket1622-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金はリブ交換代が15000円とリブ代が5184円です。

静岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。