バブアーの長い袖丈のオイルドジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ Barbour袖丈縮め修理

長い袖丈のバブアーのオイルドジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は埼玉県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を5㎝短くしたいことが書いてありました。

修理する今回のバブアーのジャケットはラグランスリーブのタイプなので袖丈を短くするのに肩口からは出来ません。

袖先から袖丈を短くしていきます。

袖先から出来るものとカバーオールの様に打ち込みのボタンが付いていたり

ボタンホールがあるものは袖先からは出来ないものもありますので

郵送の場合は画像など頂ければ袖丈を直せるか答えれますので頂ければ幸いです。

1枚目は長い袖丈を短くしていく前のバブアーのオイルドジャケットです。

2枚目は袖先から袖丈を短くしていきますので裏地と差で先の縫い目をばらしていきます。

3枚目は反対側に引っくり返した裏地側の袖先の写真です。

4枚目は袖先の縫い目の写真です。

裏地と表の生地を別々にばらしていきます。

5枚目は表の袖先の生地をカットしていきます。

6枚目は袖先の生地をカットした後の写真です。

7枚目は裏地の袖先のパーツをばらしていく前の写真です。

8枚目は裏地の袖先のパーツをばらした後の写真です。

9枚目は裏地の袖丈を短く生地をカットしていきます。

10枚目は袖先の裏地の生地をカットした後の写真です。

この後、裏地のばらしたパーツを組み直してカットを終えてる表の袖先に組み直して完成です。

11枚目は裏地のパーツを組みなして表の袖先を詰め直した袖先を短くした後の写真です。

12枚目は13枚目との比較で袖丈を短くしていく前のオイルドジャケットです。

13枚目は袖丈を短くした後のオイルドジャケットです。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

埼玉県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。