大きいサイズの schott のレザージャケットを体型に合わせて小さくリサイズ 革ジャンサイズ縮め

ショットの大きいサイズのライダースジャケットををお客さんの体型に合わせて

丁度いいサイズに小さくリサイズしていきます。

今回のジャケットはショットのダブルのライダースジャケットです。

背中にアクションプリーツは付いてますが、現行のショットのライダースジャケットは

袖のパーツの脇部分にいろんなパーツが付いてません。

袖のパーツだけですとコインポケットを除いてルイスレザーズと同じパーツ点数です。

福岡県からの輸送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、腕幅、袖丈)と

仕上がりサイズを書いて頂いてます。

郵送でお客さんの気に入ったサイズのジャケットのサンプルがない場合は

必ず現状のサイズを書いて頂いてます。

現状のサイズをこちらで確認して同じ位置から仕上がりサイズに変更していきます。

仕上がりサイズだけですと位置が解りませんので必ず現状のサイズを書いて頂いてます。

jaket1690-1

1枚目は福岡県からの郵送の大きいサイズのショットのライダースジャケットです。

このサイズ感をお客さんの好みのサイズに小さく変更していきます。

jaket1690-2

2枚目は左右の袖のパーツを外した後のライダースジャケットの胴体です。

この胴体の身幅と肩幅を縮めていきます。

jaket1690-3

3枚目は身幅部分の脇の縫い目をばらしていってレザー部分をカットしていきます。

jaket1690-7

4枚目はサイドの縫い目を晴らしてレザーをカットしていく前の写真です。

jaket1690-8

5枚目は身幅部分の幅とアームホールを細くするのにレザーをカットした後です。

jaket1690-4

6枚目は裏地も同じ様に身幅部分の幅を小さくするのにサイドをカットしていきます。

jaket1690-5

7枚目は裏地のサイドの縫い目を外していく前です。

jaket1690-6

8枚目は裏地のサイドの縫い目を外してくるてぃんぐ部分の生地をカットした後です。

jaket1690-9

9枚目はライダースジャケットの肩幅を細くしていきます。

jaket1690-10

10枚目は肩幅をカットしてエポレットも同じ幅をカットして組み直しました。

jaket1690-11

11枚目は裏地の肩幅の生地をカットしていきます。

jaket1690-12

12枚目は裏地の肩幅の生地をカットした後の写真です。

jaket1690-13

13枚目は肩幅と身幅の表と裏の作業を終えて組み直した後の胴体のサイドです。

jaket1690-14

14枚目は前から見たサイズダウン後の胴体です。

jaket1690-15

15枚目は左右の袖のパーツのサイズを縮めていきます。

jaket1690-16

16枚目は袖丈を短くしていくのに袖山から長い袖を短くしていきます。

袖の長さは肩幅の変更でも短くなってますので

トータルの長さから肩幅をカットした分の長さを引いて袖山から袖丈をカットします。

jaket1690-17

17枚目は袖山から袖丈を短くカットした後です。

jaket1690-18

18枚目は裏地も同じ様に袖山から生地をカットしていきます。

jaket1690-19

19枚目は裏地の袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1690-20

20枚目は袖幅を細く縮める前の写真です。

jaket1690-21

21枚目は袖幅を細くした後の写真です。

jaket1690-22

22枚目は23枚目との比較でショットのライダースジャケットのサイズを縮めていく前です。

jaket1690-23

23枚目はショットのライダースジャケットのサイズダウン後です。

jaket1690-24

24枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

福岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円432円)はお客さん負担です。