長い袖丈のライダースジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈詰め

長い袖丈のライダースジャケットを短く仕上げていきます。

今回は新潟県からの郵送のお客さんで袖のパーツの肘の位置に

縫い目がありその位置をばらして袖丈を短く出来ないか?と、問い合わせがありました。

電話では解らなかったんで肘付近の表と裏の画像を送って頂いて

その位置から出来そうだったんで郵送で荷物と一緒にメモに肘の縫い目から

袖丈を短くしたいことを書いて頂いて作業をしていきました。

1枚目は新潟県からの郵送のお客さんの長い袖丈を短くしていくライダースジャケットです。

2枚目は袖のパーツの肘の間に縫い目がありますのでこの位置からばらして袖丈を短くしていきます。

3枚目は肘の間の縫い目を外した後の写真です。

4枚目は袖先のパーツの上のレザー部分をカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖先のパーツの上の部分のレザーをカットした後の写真です。

6枚目は袖先のパーツの裏地も同じ様にカットして袖丈を短くしていきます。

7枚目は袖先のパーツの裏地の生地をカットした後の写真です。

8枚目は袖のパーツの上側も袖先のパーツと同じ様にレザーをカットしていきます。

9枚目は袖のパーツの上部分のレザーをカットした後の写真です。

10枚目は袖のパーツの上部分の裏地も同じ様に生地をカットしていきます。

11枚目は裏地の袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

この後、表と裏地の幅がカットした分長さが変わりますので

同じ長さに合わせて自然なラインで組み直していきます。

12枚目は13枚目との比較で袖丈を短くしていく前のライダースジャケットです。

13枚目は袖丈を短くした後のライダースジャケットです。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

新潟県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。