長い袖のレザージャケットの袖丈を短くする直し COACHジャケット袖詰め

外国のブランドのレザージャケットは比較的袖の長さが長いので

袖丈を短くお客さんに合わせて丁度いい長さに仕上げていきます。

よくレザージャケットの袖丈を短くする説明をしていますが、

大きく分けて袖先と袖山からの直し方があります。

袖先からはリブの付いたようなスタジャンやフライトジャケットの場合は

袖先に刺繍やプリントやワッペンが付いてなければ問題なく出来ますが、

レザージャケットの様な袖先にファスナーが付いているような場合は

分解して袖先からでも短く直すことは出来ますが、

レザージャケットの場合動かくことを考えて立体的に肘のラインがカーブしてますので

袖先から肘のカーブのラインが袖先を短くした分、距離が短くなりますので仕上がりが不自然です。

袖先よりも袖山からの方が二の腕部分が短くなりますので仕上がりは自然です。

東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1615-1

1枚目は東京からの郵送の長い袖丈をお客さんの体型に合わせて

短く直していく前のコーチのジャケットです。

jaket1615-2

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

jaket1615-3

3枚目はレザージャケットから外した後の袖のパーツです。

jaket1615-4

4枚目は袖丈を短くしていく前の写真です。

jaket1615-5

5枚目は表のレザー部分の袖丈を短くした後の写真です。

jaket1615-7

6枚目は裏地の袖丈を短くカットしていく前の写真です。

jaket1615-8

7枚目は裏地の袖丈を短くした後の写真です。

jaket1615-9

8枚目は写真右が袖丈を短くする前で左が袖山から袖丈を短くした後です。

jaket1615-10

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くする前のジャケットです。

jaket1615-11

10枚目は袖丈を短くした後の写真です。

jaket1615-12

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。