レザージャケット 袖丈縮め直し

レザージャケットの袖丈を肩側(袖山)から袖のパーツを外して

袖のアームホール部分の方からカットして袖丈を短くしていく直しです。

袖丈を短くしていくのに袖先と肩側の2パターンの直し方が大きく分けてあります。

袖先の方は袖がリブニットやラグランタイプのジャケットの場合で多く作業する方法で

肩側からの袖丈を短くする場合は袖先にファスナーが付いてるジャケットや

レザージャケットの様に袖のパーツのラインが肘にかけてカーブがかかってる場合は

肩側から袖丈を短くした方が自然なラインで仕上がります。

ただ、肩側からの袖丈を短く出来る限界は

胴体のアームホールとの縫いしろの関係で4~5㎝になります。

徳島県からの郵送のお客さんでにもっと一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1598-1

1枚目は徳島県からの郵送のお客さんの袖丈を肩側から短くしていく前のレザージャケットです。

jaket1598-2

2枚目は袖丈を短くしいくのに左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

jaket1598-3

3枚目は袖丈を肩側(袖山)から短くしていく前の左右の袖のパーツです。

jaket1598-4

4枚目は袖丈をアームホール部分からカットして短くしていく前の写真です。

jaket1598-5

5枚目は袖丈を短くカットした後の袖のパーツの写真です。

jaket1598-6

6枚目は裏地も同じ様に袖丈をカットしていく前の写真です。

jaket1598-7

7枚目は裏地の袖丈をカットした後の写真です。

jaket1598-8

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くカットしていく前の写真です。

jaket1598-9

9枚目は袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1598-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

徳島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。