ジャケット

レザージャケット 袖丈縮め直し

レザージャケットの袖丈を肩側(袖山)から袖のパーツを外して

袖のアームホール部分の方からカットして袖丈を短くしていく直しです。

袖丈を短くしていくのに袖先と肩側の2パターンの直し方が大きく分けてあります。

袖先の方は袖がリブニットやラグランタイプのジャケットの場合で多く作業する方法で

肩側からの袖丈を短くする場合は袖先にファスナーが付いてるジャケットや

レザージャケットの様に袖のパーツのラインが肘にかけてカーブがかかってる場合は

肩側から袖丈を短くした方が自然なラインで仕上がります。

ただ、肩側からの袖丈を短く出来る限界は

胴体のアームホールとの縫いしろの関係で4~5㎝になります。

徳島県からの郵送のお客さんでにもっと一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1598-1

1枚目は徳島県からの郵送のお客さんの袖丈を肩側から短くしていく前のレザージャケットです。

jaket1598-2

2枚目は袖丈を短くしいくのに左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

jaket1598-3

3枚目は袖丈を肩側(袖山)から短くしていく前の左右の袖のパーツです。

jaket1598-4

4枚目は袖丈をアームホール部分からカットして短くしていく前の写真です。

jaket1598-5

5枚目は袖丈を短くカットした後の袖のパーツの写真です。

jaket1598-6

6枚目は裏地も同じ様に袖丈をカットしていく前の写真です。

jaket1598-7

7枚目は裏地の袖丈をカットした後の写真です。

jaket1598-8

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くカットしていく前の写真です。

jaket1598-9

9枚目は袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1598-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

徳島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。

レザージャケット サイズ縮め直し前のページ

Tシャツ サイズ縮め直し次のページ

ピックアップ記事

  1. 大きいシャツを小さくサイズダウン シャツ寸法詰め直し
  2. 大きいレザージャケットを小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し
  3. スエットパーカーをジップパーカーにリメイク ジップパーカーに改造
  4. 壊れたライダースジャケットのジッパーを交換時にダブルジッパーに取り換え 革ジャン…
  5. 大きいTシャツを小さくリサイズ Tシャツサイズ直し

関連記事

  1. ジャケット

    B-15フライトジャケットの壊れたファスナーと古くなったリブニットの交換 B-15ジッパー リブ取り…

    B-15フライトジャケットの壊れたファスナーとリブニットを新しいものに…

  2. ジャケット

    長い袖丈のライダースジャケットを短くリサイズ

    長い袖丈のライダースジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズして…

  3. ジャケット

    M-65 フィールドジャケット 袖丈詰め直し

    今回はM-65フィールドジャケットの袖丈直しです。肩側から直し…

  4. ジャケット

    長い袖丈のスカジャンを短くリサイズ スカジャン袖丈直し

    長い袖丈のスカジャンをお客さんの好みの長さに合わせて短くリサイズしてい…

  5. ジャケット

    長い袖丈のバブアーのジャケットを短くリサイズ

    バブアーの長い袖丈のジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズして…

  6. ジャケット

    G-1 フライトジャケット ニットパーツ交換直し

    G-1フライトジャケットには裾のリブニットの形が前期型と後期型がありま…

PICK UP

PAGE TOP