SCHOTT レザージャケット 袖丈詰め直し

肩側からの袖丈を直していくのは左右の袖のパーツを一度外して

袖のパーツの上の部分をカットしてまた胴体のアームホールに縫い直していきます。

袖丈に関しては直し方がいろいろありますが、

4~5㎝まででしたら肩側からの袖山から直す方が仕上がりも自然です。

袖先からの場合は袖先にボタンが付いてるようなジャケットは出来ませんし、

ファスナーが付いてるような場合はデザインにもよりますが、出来ることは出来ますが、

左右の袖の先のファスナーの移動をされるとかなりの時間がかかり料金も

平均12000~16000円ぐらいになります。

後は肘のラインとの距離が袖先からカットしますと近くなり好みにもよりますが、

バランスが良くない場合もあります。

福岡県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1556-1

1枚目は福岡県からの郵送のお客さんの

袖丈を短く変更していく前のショットのレザージャケットです。

jaket1556-2

2枚目は袖丈を短くしていくのに袖のパーツを外した後の胴体部分です。

jaket1556-3

3枚目は胴体から外した後の左右の袖のパーツです。

jaket1556-4

4枚目は袖山から袖丈を短くしていくのにカットしていく前の写真です。

jaket1556-5

5枚目は袖丈を短くするのに肩側からカットした後の写真です。

jaket1556-6

6枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様に袖丈をカットしていきます。

jaket1556-7

7枚目は裏地のレザー部分をカットした後の写真です。

jaket1556-8

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くする前の写真です。

jaket1556-9

9枚目は袖丈を短くした後の写真です。

jaket1556-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

福岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。