レザージャケットの長い袖丈をお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

レザージャケットの長い袖丈をお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

今回のレザージャケットのデザインは袖先にボタンが付いてるタイプなので袖先からは短く出来ません。

肩口からの袖丈の直しになるのですが、肩口から袖山をカットして袖丈を短くする場合は

胴体側とのアームホールの縫いしろの距離の関係がありますので短くできる長さの限界が4~5㎝ぐらいになります。

また、郵送の場合で袖丈を短くするのに荷物と一緒にメモに作業の説明を書いて頂くのですが、

困るのは例えば袖丈を65㎝仕上げとか書かれてますと

肩線から袖先までお客さんがどの位置を測られたのかこちらが解りません。

個人個人で測り方の感覚が違いますのでお客さんの測り方を確認したわけではないので誤差が出ますので

必ず袖丈を4㎝短くしたいとか書いて頂ければこちらとしては解りやすく作業がスムーズに進めます。

これからジャケットの袖丈を短くしたいお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツをアームホールの縫いしろから取り外した後の胴体の写真です。

3枚目は取り外した後の左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

6枚目は裏地も表のレザー部分と同じ長さの生地をカットしていきます。

7枚目は裏地の袖丈の生地をカットした後の写真です。

8枚目は左右の袖のパーツの袖山から袖丈家を短くした後の写真です。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くしていく前のレザージャケットの写真です。

10枚目は袖丈を短くした後のレザージャケットの写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。