大きいサイズのSchottのレザージャケットを気に入った見本のサイズを基準に小さくリサイズ 革ジャン寸法詰め直し

大きいサイズのショットのレザージャケットをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズしていきます。

今回は広島県からの郵送のお客さんで荷物に気に入った大きさの見本のジャケットとサイズダウンのジャケットが入っていて

同封されたメモに見本のサイズに合わせて肩幅、身幅、腕幅、袖丈を小さくしたいことが書いてありました。

来店の方の場合はジャケットを着てもらって動ける範囲でサイズを計ることは出来ますが

郵送の場合は見本になるジャケットがあればこちらとしてはお客さんの好みのサイズが理解しやすいので

気に入ったジャケットがあれば貸して頂ければ幸いです。

サイズダウンについてアームホールを重点的に縮めて袖のパーツを脇に根本から縮めたいのか

肩幅を重視してサイズを縮めたいのかでもシルエットは変わってきます。

アームホールを縮めて脇から袖のパーツを細く見せたい場合は身幅(胸の位置)をどれだけ

サイズダウンを出来るかでアーム掘るの長さを縮めることが出来ますが、

肩幅を同じ様に縮めてりしますと胴体側の上の肩側を幅を細くするのにカットしますので

アームホールの縫いしろは広がりそれに合わせて袖のパーツの縫いしろの長さも同じにしないといけませんので

脇から袖のパーツを細くすることは出来ません。

また、胴体のアームホールのラインでも脇からサイズダウンは難しい場合があります。

肩の上の位置と脇の下のアームホールの長さが長い様なジャケットの場合はあまりアームホールの長さを

短くすることは出来ませんのでお客さんが肩幅重視なのかアームホールを細くして

袖のパーツを根元から細くしたいのかでもサイズダウンの作業の仕方も変わってきます。

それではこれからジャケットのサイズダウンをお勧化のお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は広島県からの郵送のお客さんの大きいサイズのレザージャケットです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズの見本のジャケットです。

このサイズを計って大きいサイズのレザージャケットを小さくしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを取り外した胴体の写真です。

4枚目は脇から裾の縫い目をばらしてサイドのレザーをカットして身幅を縮めていきます。

5枚目は脇から裾のかけてレザーをカットしていく前の写真です。

6枚目は脇から裾にかけてレザーをカットした後の写真です。

7枚目は裏地も同じ様に身幅を細くするのに生地をカットしていきます。

写真でも解る様にタグが付いてますので取り外してサイズダウン後に同じ位置に取り付けていきます。

8枚目は裏地の脇から裾にかけて生地をカットしていきます。

9枚目は裏地の脇から裾にかけて生地をカットした後の写真です。

10枚目は肩幅をカットしていきます。

11枚目は肩幅をカットした後の写真です。

12枚目は裏地の肩幅も表と同じ様に生地をカットしていきます。

13枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

14枚目はサイズダウン後のサイドの縫い目の写真です。

15枚目は裏地のサイドを組み直した後の写真でタグも同じ様に縫い付けてあります。

16枚目は胴体のサイズダウン後の胴体の写真です。

17枚目は左右の袖のパーツをサイズダウンをしていきます。

18枚目は袖丈を短くしていくのに袖山からレザーをカットしていきます。

19枚目は袖丈を短くした後の写真です。

20枚目は裏地も同じ様に袖丈の生地をカットしていきます。

21枚目は裏地の袖丈の生地をカットした後の写真です。

22枚目はアームホールから袖先にかけて幅を細くしていきます。

23枚目は脇から袖先にかけて腕の幅を把捉した後の写真です。

24枚目は25枚目との比較でサイズダウン前のレザージャケットの写真です。

25枚目はサイズダウン後のレザージャケットの写真です。

26枚目は作業終了後です。

この作業のりょぷ金は25000円です。

広島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。