裏地の生地が破れだしたレザージャケットを新しい生地に交換 革ジャン裏地取り換え

裏地が破れだしたレザージャケットを新しい生地に交換していきます。

今回は静岡県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに黒のサテン生地を用意して

裏地を新しいものに交換したいことが書いてありました。

裏地交換の場合はレザージャケットの場合は大まかに分けてキルティング生地の

中に綿を挟んだ保温性のあるものかサテン生地の様な1枚物の薄いつるつるした生地化に分かれます。

キルティングの場合は保温性はありますがシルエットはサテンに比べるとぼってりした感じになります。

サテンはジャケットのラインを保てますが保温性はないです。

よく胴体だけがキルティングで左右の袖のパーツがサテンの裏地などもあります。

サテンの生地は色もある程度は販売してますがキルティングになりますと色は限られてきます。

保温性を重視かシルエット重視かでこれから裏地を交換したいしたいお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は静岡県からの郵送のお客さんの裏地を交換していく前のレザージャケットです。

2枚目はこちらで用意した黒のサテンの新しい生地です。

3枚目は脇や背中辺りが破れだした交換前の裏地の写真です。

4枚目は脇の破れている裏地の写真です。

5枚目は内ポケットも裏地交換の時に同じ様に移植します。

6枚目は襟下のブランドタグも取り外して新しい裏地に取り付けていきます。

7枚目はレザージャケットから裏地を取り外した後の写真です。

8枚目は取り外した裏地でここからパーツ事にばらして形を取っていきます。

9枚目は背中らのばらした裏地の写真です。

10枚目は襟下のブランドタグを取り外していきます。

11枚目はブランドタグを取り外した後の写真です。

12枚目は新しいサテン生地で背中の裏地を作った後の写真です。

13枚目は襟に先ほど外したブランドタグを同じ位置に取り付けていきます。

14枚目はブランとタグを同じ位置に取り付けた後の写真です。

15枚目は胴体の前側の裏地を新しく形を取っていきます。

16枚目は新しい生地で裏地の前側を作り直した後です。

17枚目は裏地の前側の内ポケットを取り外して新しい生地に移植していきます。

18枚目は内ポケットとブランドタグを取り外していきます。

19枚目は内ポケットとブランドタグを取り外した後です。

20枚目は新しい裏地に内ポケットとブランドタグを取り付けた後の写真です。

21枚目は胴体の前側の内ポケットの付いてる方の製作後です。

22枚目は袖のパーツの外側の裏地の写真です。

23枚目は袖のパーツの外側の新しい生地で作った後です。

24枚目は袖のパーツの内側を新しい生地で作っていきます。

25枚目は新しい生地で袖のパーツの内側を作った後です。

この後、新しい裏地のパーツを組んでレザージャケットに取り付けていきます。

26枚目は襟下のブランドタグの写真です。

27枚目は新しい裏地の内ポケットの写真です。

28枚目は裏地交換後の全体の写真です。

29枚目は作業終了後です。

この作業の料金は30160円です。

静岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。