B-3 フライトジャケット ファスナー交換直し

今回はB-3フライトジャケットのファスナー交換です。

B-3フライトジャケットはムートンで裏が毛になってまして重たいジャケットなんで

修理していくのに取り回しが重たくて機械を進めていくのに注意が必要なジャケットです。

今まで直したB-3フライトジャケットの印象はそれぐらいです。

名古屋からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにYKKでいいのでフロントのファスナーを

交換したいことが書いてありました。

jaket1507-1

1枚目は名古屋からの郵送のお客さんのファスナーのレールのコマの部分が飛んでなくなって

開閉できなくなっているB-3フライトジャケットです。

jaket1507-2

2枚目の写真はファスナーのコマが飛んでしまってるのが分かると思います。

この様にレールのコマが飛んだりファスナーの先っぽのパーツがなくなったり

ちぎれた場合はファスナー事態をすべて交換しないと直りません。

たまにレールのコマを足して欲しいや、

ファスナーの先っぽを新しいのを取り付けて欲しいと頼まれるお客さんがいますが

その様な直しはファスナーの構造上できませんのでご理解くださいね。

jaket1507-3

3枚目はこちらで用意したYKKさんのオープンジッパーです。

jaket1507-4

4枚目はコマが飛んで壊れたジッパーを取り外した後の写真です。

jaket1507-5

5枚目は新しいYKKのジッパーが長いのでB-3に付いてた長さのジッパーに

合わせて短くカットしていきます。

jaket1507-6

6枚目はB-3フライトジャケットのジッパーに合わせて長さを短くカットした後です。

jaket1507-7

7枚目は元々付いてたジッパーと同じ長さになった写真です。

jaket1507-8

8枚目は新しいジッパーをB-3フライトジャケットに取り付けた後です。

jaket1507-9

9枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円とファスナー代が864円です。

名古屋への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。