ジャケット

リーバイスのGジャン袖丈を好みの長さに短くリサイズ

リーバイスのGジャンの長い袖丈をお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は神奈川県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を12㎝短くしたいことが書いてありました。

荷物を送ってもらう前に電話があり袖あt家を12㎝短くしたいとのことなので

肩口からは作業が出来ないのと袖先のカフスのスリットの付け根にリベットが付いてないかの確認をしたところ

リベットはなくカン止めで縫われてるのことなので袖先から袖あt家を短くすることになりました。

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんの袖先から袖丈を短くしていく前のGジャンです。

2枚目は袖先から短くしていきますのでカフスのパーツを取り外していきます。

3枚目は袖先のカフスのパーツを取り外した写真です。

4枚目は袖先から袖丈を短くしていくのに縫い目をばらしていきます。

5枚目は袖先の縫い目をばらして袖先の袖丈の生地を短くカットしていきます。

6枚目は袖先の生地をカットした写真です。

7枚目は袖先のスリットを作り直していきます。

スリットを制作するのに横の幅が必要になるいますが袖先から袖丈をカットしたときに

かなり袖先の幅が広がったのでこの幅でスリットを制作していきます。

8枚目はスリットを新しく制作するためにサイドの生地をカットした写真です。

9枚目は先ほどと反対側もスリットを作るのにサイドの生地をカットしていきます。

10枚目は袖先のサイドの生地をカットした写真です。

この後、組み直す手外したカフスのパーツを取り付けて完成です。

11枚目は袖丈を短くしてカフスを取り付けた写真です。

12枚目は13枚目との比較で袖先から袖丈を短くしていく前のGジャンの写真です。

13枚目は袖先から袖丈を短くしたGジャンの写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

神奈川県への郵送なので送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。

ベストに気に入ったワッペンを取り付け前のページ

破れたA-2フライトジャケットのリブニットを交換次のページ

ピックアップ記事

  1. 大きいTシャツを小さくリサイズ Tシャツサイズ直し
  2. スエットパーカーをジップパーカーにリメイク ジップパーカーに改造
  3. 大きいレザージャケットを小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し
  4. 大きいシャツを小さくサイズダウン シャツ寸法詰め直し
  5. 壊れたライダースジャケットのジッパーを交換時にダブルジッパーに取り換え 革ジャン…

関連記事

  1. ジャケット

    ファスナーのスライダーが壊れたMA-1フライトジャケットを反対側に引っくり返して直す

    ファスナーのスライダーの取っ手の部分が取れてしまって使いにくくあったM…

  2. ジャケット

    大きいGジャンを体型に合わせて小さくリサイズ ジージャンサイズ直し

    お客さんの気に入ったサイズのGジャンをお借りしてデザインやブラ…

  3. ジャケット

    L-2B フライトジャケット リブニット交換直し

    今回はL-2Bフライトジャケットの襟と袖と裾のリブニットを新し…

  4. ジャケット

    schott レザージャケット袖丈直し

    海外のブランドの洋服は袖丈が日本人には長いのが多いです。今回は…

  5. ジャケット

    大きいサイズのレザージャケットをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズ 革ジャン寸法詰め直し

    大きいサイズのレザージャケットをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズ…

  6. ジャケット

    大きいレザージャケットのサイズを小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し

    大きいレザージャケットのサイズを小さくリサイズしていきます。今…

PICK UP

PAGE TOP