プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツをお借りして小さくリサイズ

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツをお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物にこちらに分かる様に大きいサイズと見本と書いた袋に別々に入れて頂いていて

同封されたメモに見本のサイズに合わせて大きいサイズのTシャツを小さくしたいことが書いてありました。

Tシャツのサイズダウンは郵送でも来店のお客さんでも必ずお客さんの気に入ったサイズの見本になるTシャツを

書いて頂かないとサイズダウンは出来ませんので宜しくお願い致します。

また、首周りは大きくしたり小さくしたりは出来ません。

立体裁断のような斜めに縫い目があるものやシームレスミシンで縫われてるものサイズダウンは出来ません。

プリントが端にあるものや縫い目をまたいでるものもサイズダウンの時にプリントを中途半端にカットしたり

組む時にプリントがずれたりしますのでサイズダウンは出来ません。

解らないことがある場合はTシャツの画像をこちらに分かる様に数枚送って頂ければ幸いです。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんのサイズが大きくて小さくしていく前の大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんのサイズが気に入ってる見本でお借りしたTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのTシャツを小さくしていきます。

3枚目は見本のTシャツと着丈が少し長いだけなので裾の縫い目をばらさないと

着丈の縫いしろが縫い目と重なって仕上がりが分厚くなるので裾の縫い目をほどいていきます。

4枚目は裾の縫い目をほどいた後の写真です。

5枚目は脇のアームホールもステッチが入ってますのでほどかないとばらせませんのでステッチをほどいていきます。

6枚目は脇から裾のサイドの生地をカットして見本の幅に合う様にしていきます。

7枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

8枚目は肩幅の生地を見本の幅に合わせて生地をカットしていきます。

9枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

10枚目は着丈以外の肩幅、身幅、裾幅の生地をカットを終えた胴体の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

12枚目は袖のパーツを見本の幅に合う様に生地をカットしていきます。

13枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

14枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

この後、胴体に組み直してきます。

15枚目は見本の長さに合わせて裾の生地をカットしてきます。

16枚目は裾の生地を見本の着丈の長さに合う様にカットした写真です。

17枚目は作業終了後です。

この作業の料金は3500円です。

東京都への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。