ブランドの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの好みのサイズのTシャツを見本でお借りして小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理

ブランドの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの好みのサイズのTシャツを見本でお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は愛知県からの郵送のお客さんで荷物に大きいサイズと見本と書いた袋にこちらが分かりやすいように別々に入れて頂いていて

同封されたメモに大きいサイズのTシャツを見本に合わせて小さくサイズダウンをしたいことが書いてありました。

Tシャツのサイズダウンはブログで紹介してる様なコットンの胸のセンターにプリントがあるものは問題なく作業が出来ます。

また、胴体が筒のような形状のものはサイズダウンの時に脇から裾のサイドの生地をカットしますので

仕上がりは胴体の左右のサイドに縫い目が出来ます。

サイズダウンの出来ないものは立体裁断のような斜めに縫い目があるものやシームレスミシンで縫われてるものや

端や縫い目をまたいでプリントされてるものはサイズダウンの時にプリントを中途半端にカットして

仕上がりの時にプリントがずれたり変に残ったりしますので作業が難しいです。

首周りも大きくしたり狭くしたりは出来ません。

これからTシャツのサイズダウンをお考えのお客さんで分からないことが有れば

お問い合わせからメールでTシャツの画像を頂いて説明くださればある程度は答えれます。

1枚目は愛知県からの郵送のお客さんのサイズを小さくしていく前の大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズの見本のTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのTシャツをばらして生地をカットしていきます。

3枚目は見本と大きいサイズのTシャツの着丈の長さが2㎝しか変わらないので

着丈を仕上げるのに縫いしろがいるので裾の縫い目をほどいていきます。

4枚目は裾の縫い目をほどいた後の写真です。

5枚目は裾の生地を見本の長さに合う様にカットした後の写真です。

6枚目は胴体から左右の袖のパーツを外した後の写真です。

7枚目は脇から裾のサイドの生地を見本の幅に合う様にカットしていきます。

8枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

9枚目は肩幅を見本の幅に合う様に生地をカットしてきます。

10枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

11枚目は肩幅、身幅、裾幅、着丈を見本のサイズ感に合う様に生地をカットした後の写真です。

12枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしてきます。

13枚目は袖のパーツを見本のサイズ感に合わせて生地をカットしていきます。

14枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

15枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

この後、サイズダウンを終えている胴体に組み直して完成です。

16枚目は作業終了後です。

この作業の料金は3500円です。

愛知県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。