プリントの気に入った大きいサイズのTシャツをお客さんに合わせて小さくリサイズ Tシャツサイズ直し

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツを

お客さんの気に入ったサイズのTシャツをお借りして

そのサイズ(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈)を計って

大きいサイズのTシャツのアームホールの縫い目から左右の袖のパーツを外して

胴体と袖のパーツに分けてお客さんからお借りしたTシャツの寸法に合わせて

生地をカットして組み直していきます。

Tシャツのサイズダウンで胴体のサイドの縫い目がない輪になった生地のものは

サイズダウンの時に脇から裾にかけてサイドの生地をカットしますので

輪になってる胴体もサイズダウン後はサイドの生地をカットして幅を縮めますので

仕上がり後は袖先の縫い目から裾までの間に縫い目が出来ます。

今回のTシャツの胴体が輪になってる生地でサイドに縫い目がありませんでしたが、

仕上がり後はサイドに袖先から裾まで生地をカットしますので縫い目が出来ます。

あとはプリントの方はセンターにあるものだったんでサイズ変更をしていくのに

プリントをカットしてしまう様な問題もなくサイズダウンが出来ました。

和歌山県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに気に入ったサイズのTシャツに合わせて

大きいサイズのTシャツを小さくサイズダウンしたいことが書いてありました。

1枚目は和歌山県からの郵送のお客さんのプリントの気に入っますが

サイズが大きくて着ていないTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツでこのサイズ(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈)

を計って同じ幅になる様に大きいサイズのTシャツをばらして生地をカットしていきます。

3枚目は大きいサイズのTシャツの左右の袖のパーツを外してサイズダウンしていく前の胴体です。

4枚目は長い着丈を2枚目のTシャツの着丈の長さに合う様に生地を短くカットしていきます。

5枚目は長かった着丈を2枚目のTシャツの長さに合う様に生地をカットした後です。

6枚目は脇から裾のサイドの生地をカットして細く仕上げていきます。

7枚目は脇から裾の胴体の輪の生地をカットした後です。

胴体の縫い目のない輪の生地もサイドをカットしますので

仕上がりは袖先から裾にかけて縫い目が出来ます。

8枚目は肩幅を2枚目の肩幅に合わせて余分な生地をカットしていきます。

9枚目は肩幅の生地を2枚目のTシャツに合わせて幅を同じ様に仕上がる様にカットした後です。

10枚目は大きかったTシャツの胴体を2枚目のTシャツに合わせて生地をカットした後です。

11枚目は左右の袖のパーツを2枚目のTシャツのサイズに合わせて生地をカットしていきます。

12枚目は袖のパーツの生地をカットしていく前の写真です。

13枚目は袖のパーツの余分な生地をカットした後です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。和歌山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。