SCHOTT ライダースジャケット 袖丈縮め直し

今回はショットのライダースジャケットの袖先からの直しです。

ライダースジャケットは袖先にファスナーが付いてますので

この袖のパーツのファスナーを外して袖先のレザーと裏地をカットして

元々の袖先の幅に合わせて組み直していく作業になります。

言葉で書くとそんなに対したことなさそうですが、

作業をしますと、かなり時間がかかり大変な作業です。

袖先のファスナーを外して同じピッチで付け直す作業は

左右のパーツがあり右と左でミシンの進む方向が逆になりますので

同じ様に進むように目印を細かく入れて合わせていきます。

まぁ、ファスナーの取り付け作業は目印がなければお母ちゃんに直してもらった

洋服の様に右と左でずれた状態になりますので時間がかかります。

東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖先から差で丈を直したいことが書いてありました。

jaket1479-1

1枚目は東京からの郵送のお客さんのショットのライダースジャケットの袖先から袖丈を直す前です。

jaket1479-2

2枚目は袖先をばらしていく前の写真です。

jaket1479-3

3枚目は袖をひっくり返した裏地の写真です。

jaket1479-4

4枚目は裏地を外した後の写真です。

jaket1479-5

5枚目は袖のファスナー部分のパーツを外して袖先のレザーをカットした後です。

この後、写真を撮ってないのですが、袖幅も元の幅に合わせて縮めていきます。

jaket1479-6

6枚目は裏地のカット前です。

裏地も写真を撮り忘れてこれで終わりですが

袖丈をカットして幅をもとの幅に合わせて縮めてます。

jaket1479-7

7枚目は袖丈を短くする前の写真です。

jaket1479-8

8枚目は袖丈を短くした後の写真です。

jaket1479-9

9枚目は作業終了後です。

この作業の料金は14000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。