大きいライダースジャケットをお客さんの好みのサイズ感に小さくリサイズ 革ジャン寸法縮め修理

大きいライダースジャケットをお客さんの好みのサイズ感に合わせて小さく変更していきます。

今回は愛知県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈)と

仕上がりサイズを書いて頂いて送って来ていただいてます。

よくメーカーのサイズ表記をコピーして送られてくることがあるのですが、

サイズ表記は現状のサイズと計ると誤差がありますし、こちらが知りたい幅の表記がありません。

なので必ず現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂いてます。

また、仕上がりサイズだけですと郵送の場合はお客さんがどの位置を計られたのか会うわけではありませんので

こちらが解らないのと例えば身幅を2㎝細くしたいと書かれてますと左右で2㎝なのか円周で2㎝なのか平置きなのかが

分かりませんので現状が55㎝の身幅を50㎝に変更したいと書いてくださればサイズ感が伝わりますのでその様にして頂ければ幸いです。

1枚目は愛知県からの郵送のお客さんの大きいサイズのライダースジャケットです。

2枚目はサイズを変更していくのに左右の袖のパーツを外した後です。

3枚目はサイドの脇から裾の縫い目をほどいていきます。

4枚目は裏地も同じ様に脇から裾の縫い目をほどいていきます。

5枚目は裏地の縫い目をほどくのに洗濯ネームを外してサイズ変更後に同じ位置に取り付けていきます。

6枚目は裏地の脇から裾のサイドの縫い目を外した後の写真です。

7枚目は表のレザー部分のサイドの縫い目を外した後の写真です。

8枚目は身幅を細くしていくのに脇の三角形のパーツを外していきます。

9枚目は脇のパーツを外した後の写真です。

10枚目は脇の三角形のパーツのレザーをカットした後の写真です。

11枚目は脇の三角形のパーツを組み直して裾幅をカットした後の写真です。

12枚目は裾幅を細くしたのでベルトをそのまま取り付けると長くなりますので同じ幅をカットしていきます。

13枚目は裾のベルトを裾幅となじ長さをカットした後の写真です。

14枚目は裏地も同じ様に脇から裾の幅をカットしていきます。

15枚目は裏地の脇から裾の生地をカットした後の写真です。

16枚目は肩幅をカットしていく前の写真です。

17枚目はエポレットを外さないと肩幅が変更できませんのでエポレットを取り外した後の写真です。

18枚目は肩幅のレザーをカットした後の写真です。

19枚目はエポレットをカットしていきます。

20枚目はエポレットを肩幅と同じ長さを短くカットした後です。

21枚目は裏地の肩幅を変更していきます。

22枚目は裏地の肩幅の生地をカットした後の写真です。

23枚目は表と裏のサイズを変更した後に組み直したサイドの縫い目の写真です。

24枚目は小さくサイズを変更した後に組み直した胴体の写真です。

25枚目は左右の袖のパーツのサイズを変更していきます。

26枚目は袖のパーツの脇から二の腕の幅を変更していきます。

27枚目は袖のパーツの腕の幅を変更した後の写真です。

28枚目は29枚目との比較でサイズを小さくする前のライダースジャケットです。

29枚目はサイズ変更後のライダースジャケットです。

30枚目は作業終了後です。

この作業の料金は30000円です。

愛知県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。