気に入った迷彩柄のサイズの大きいポロシャツを小さくリサイズ ポロシャツサイズ直し

気に入った迷彩柄のサイズの大きいポロシャツをお客さんの気に入ったサイズのポロシャツを

お借りしてその寸法(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈)を計って

大きいサイズのポロシャツの左右の袖のパーツを外して胴体と袖に分けてサイズダウンしていきます。

ポロシャツの場合は裾の前見ごろと後ろ見ごろの縫い目がスリッドが付いてるデザインのものが多く

元々の裾のデザインの様にスリッドを入れるのか見本と同じ様にスリッドを入れるのか

お客さんのお好みの要望でスリッドはどの様にでも作れますが、

スリッドを作るのには着丈を短くする場合は必ず裾幅を細くして頂かないと

スリッドを作るサイドの生地が着丈を短くしますとなくなりますので裾幅を変更しない場合は

スリッドを作る縫いしろがなくなりスリッドは作れません。

着丈を短くしない場合はそのままのスリッドの生地の縫いしろが使えますので作り直すことは出来ます。

今回のポロシャツはサイズダウン前の袖丈は見本のポロシャツより長いですが

袖のパーツの長さを見本と比べますと同じ長さです。

肩幅が見本のポロシャツより幅がありますのでその分、袖丈が長くなってます。

肩幅を同じ幅に合わすことで袖のパーツから袖丈は短くすなくても

仕上がりで見本と同じ長さになります。

三重県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにサンプルのポロシャツに合わせて

大きい迷彩のポロシャツのサイズダウンがしたいことが書いてありました。

1枚目は三重県からの郵送の大きいサイズの迷彩のポロシャツで

お客さんの気に入ったポロシャツに合わせて小さくサイズダウンしていきます。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのラコステのポロシャツで

ことポロシャツの肩幅と幅と裾幅と袖幅と袖丈と着丈を計って

迷彩のポロシャツを同じサイズに変更します。

3枚目は左右の袖のパーツをアームホールの縫い目から外した後の胴体の写真です。

4枚目は長い着丈を2枚目のポロシャツの長さに仕上がる様に短くカットしていきます。

5枚目は2枚目のポロシャツの着丈の長さになる様に短く生地をカットした後です。

6枚目は脇から裾のサイドの幅を変えていきますが、

裾にスリッドを作り直しますのでカットした現状の幅でやっとスリッドが作れる

縫いしろが確保出来ましたんで裾の方の生地はカットせずにサイズダウンしていきます。

7枚目は脇から裾の生地のカットとスリッドの縫いしろを作った後です。

8枚目は肩幅を2枚目のポロシャツに合わせて生地をカットしていきます。

9枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

10枚目はポロシャツの胴体を2枚目のポロシャツに合わせて生地をカットした後の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていく前の写真です。

12枚目は袖のパーツを2枚目のポロシャツに合わせて生地をカットしていきます。

13枚目は始めに説明しましたが肩幅を変更したことで袖丈の長さが同じ長さになりますので

袖のパーツの袖丈は短くカットしない写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は4000円です。

三重県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。