大きいサイズのBelstaffのナイロンジャケットを小さくリサイズ アウターサイズ直し

大きいサイズのナイロンジャケットをお客さんの好みのサイズ感に合わせて小さくリサイズしていきます。

今回のナイロンジャケットは縫製のパターンが胸から下と胸から上で全く違いパーツになってますので

お客さんの好みのサイズ感に変更していくのにデザインを崩さずに

小さくしていくのに頭を使って考えながらバランスをみてサイズダウンしていきました。

名古屋からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈)と

仕上がりサイズが書いてありました。

郵送の場合で見本のジャケットがない場合は必ず現状のサイズを書いて頂かないと

お客さんがどの位置を計られたのか、こちらが解らないので必ず書いて頂いてます。

jaket1675-1

1枚目は名古屋からの郵送のお客さんの大きいサイズのナイロンジャケットの写真です。

写真でも分かるとは思いますが、胸から上は袖のパーツまで1枚の生地で出来ています。

jaket1675-2

2枚目は表の脇から裾にかけてのサイドの身幅部分をお客さんの好みの幅にカットしていきます。

jaket1675-3

3枚目は裾の縫い目を外してひっくり返して表の生地の反対側から見た写真です。

jaket1675-4

4枚目は胸から背中にかけての胴体の横に入った縫い目のパーツをばらしていく前の写真です。

jaket1675-5

5枚目は胴体の胸の上のパーツと下のパーツに分けた後の写真です。

jaket1675-6

6枚目は胸下の胴体のサイド部分をカットしていく前です。

jaket1675-7

7枚目は胴体の胸下部分をカットした後です。

jaket1675-8

8枚目は胴体の胸下部分のサイドの生地をカットした後です。

jaket1675-9

9枚目は袖のパーツで袖先の裏地と表地をばらしていく前です。

jaket1675-10

10枚目は写真右がひっくり返した反対側の裏地のパーツで左が表地です。

jaket1675-11

11枚目は袖先から袖丈をカットした後の写真です。

jaket1675-12

12枚目は胴体の胸下のパーツでサイドをカットした後に組み直した写真です。

jaket1675-13

13枚目は胴体の上の部分の袖側の写真です。

jaket1675-14

14枚目は袖先から胴体の脇にかけての生地をカットした後の写真です。

jaket1675-15

15枚目は袖のパーツから脇にかけての14枚目とは反対側の生地をカットした後の写真です。

jaket1675-16

16枚目は裏地のサイズを表とは違うパターンですが、

サイズ感を表と合わすのに生地をカットしていきます。

jaket1675-18

17枚目は裏地のサイドをカットしていく前の写真です。

jaket1675-19

18枚目は裏地のサイドの生地をカットした後の写真です。

jaket1675-20

19枚目は袖のパーツの袖幅を表と同じ寸法にカットしていきます。

jaket1675-21

20枚目は裏地の袖のパーツの袖幅の生地をカットした後です。

jaket1675-22

21枚目は元々付いてた裏地の袖先のパーツを縫い直していきます。

jaket1675-23

22枚目は裏地の袖のパーツを組み直した後の写真です。

jaket1675-24

23枚目は24枚目との比較でサイズダウン前のナイロンジャケットです。

jaket1675-25

24枚目はサイズダウン後のナイロンジャケットです。

jaket1675-26

は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

名古屋への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。