長い袖丈と着丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈着丈縮め修理

長い袖丈と着丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今季あは大分県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈と着丈を短くしたいことが書いてました。

袖丈はラグランスリーブでない限り4~5㎝までの長さですと肩口から短くした方が料金は袖先をいじるより安いですが、

袖の幅が窮屈の場合は肩口からは袖丈を直すことは出来ません。

着丈はジャケットのデザインにより短くできるものと出来ないものがありますので

郵送の場合などは必ず画像を頂ければこちらとしては有り難いです。

1枚目は大分県からの郵送のお客さんの袖丈と着丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は袖丈を短くしていくのに左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は胴体のアームホールの縫い目から取り外した左右の袖のパーツです。

4枚目は袖丈を肩口から短くしていきますが脇に別パーツが付いてますので取り外していきます。

5枚目は脇の別パーツを取り外した後の袖山の写真です。

6枚目はお客さんの好みの長さのレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

7枚目は袖山のレザーをカットした後に脇の別パーツを取り付けた後の写真です。

8枚目は裏地も表の袖山と同じ長さに仕上げていきます。

9枚目は脇の別パーツを取り外した後の写真です。

10枚目は裏地の袖山から生地をカットして袖丈を短くした後の写真です。

11枚目は袖山から生地をカットして脇の別パーツを取り付けた後の写真です。

12枚目は袖山から袖丈を短くした左右の袖のパーツの写真です。

13枚目は着丈を短くしていくのにフロントのファスナーを取り外していきます。

14枚目はフロントのファスナーを取り外した胴体の写真です。

15枚目は裏地の裾の縫い目をばらして着丈を短くしていきます。

16枚目は裏地の裾の縫い目をばらしてお客さんの好みの着丈の長さにするのに裾のレザーをカットしていきます。

17枚目は裾のレザーをカットした後の写真です。

18枚目はばらした裏地の裾も表の裾の長さに合わせて生地をカットしていきます。

19枚目は裏地の裾の生地をカットした後の写真です。

20枚目はフロントのファスナーの長さを着丈を短くした分、同じように短くしていきます。

21枚目は着丈分、レールのコマをカットした後の写真です。

22枚目はコマをカットした後にストッパーを取り付けてテープをカットした後の写真です。

23枚目は24枚目との比較で着丈を短くしていく前の胴体の写真です。

24枚目は着丈を短くした後の写真です。

画像でもわかると思いますがサイドのポケット位置の高さは変更できませんので

裾のレザーをカットした分、ポケット位置は変わりませんが下がったように見えると思います。

25枚目は26枚目との比較で袖丈と着丈を短くしていく前のレザージャケットの写真です。

26枚目は袖丈と着丈を短くした後のレザージャケットの写真です。

27枚目は作業終了後です。

この作業の料金は32000円です。

大分県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額3万円以上660円)はお客さん負担です。