長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに合わせて短くリサイズしていきます。

今回は福井県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を3㎝短くしたいことが書いてありました。

4㎝なんでアームホールの縫い目をばらして左右の袖のパーツを外して

上の袖山からレザーと裏地をカットして袖丈を短くしていきます。

袖丈を短くしていくのに袖先と袖山から短くする方法がありますが

今回の様な袖先がファスナーの付いてるタイプの場合は袖先の左右のファスナーのパーツを外して

袖先から短くするよりもアームホールを外して袖山をカットして組み直す方が作業時間が袖先よりかからないのと

価格も袖先より安く仕上がりますし袖先から肘にかけてのカーブの距離が短くなるよりも

アームホールから肘の距離が短くなる方が仕上がりは自然です。

ただ、袖山からの袖丈直しはアームホールの縫いしろの関係で4~5㎝までしか短くは出来ません。

これから袖丈を短くしたいお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は福井県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は袖山から袖丈を短くしていきますので左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は袖丈を袖山から短くしていく左右の袖のパーツです。

4枚目は表のレザー部分の袖山をカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖山から袖丈を短くレザーをカットした後の写真です。

6枚目は裏地も同じ様に生地をカットしていきます。

7枚目は裏地も表と同じ様に生地をカットした後の写真です。

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くしていく前の写真です。

9枚目は袖丈を短くした後の写真です。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

福井県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。