schottのレザージャケットの大きいサイズを小さくリサイズ 革ジャン寸法詰め

大きいサイズのショットのレザージャケットのサイズをお客さんの好みのサイズにしていきます。

今回は来店されたお客さんでレザージャケットを着て頂いて動かせる範囲でサイズダウンをしていきます。

サイズダウンをして腕を上下にあげられなかったり肘を曲げるときつく張ったりしますと

気を付けの時にはラインは綺麗ですが長時間着ますと肩が凝る服になりますので

個人個人の好みはあると思いますが出来れば少し余裕がある方が長く着れて愛着もわきいいと思います。

サイズダウンについてパーツパーツの幅によって仕上がりのラインも変わってきます。

元々のジャケットの形にもよりますがアームホール付近の脇の幅や

腕の脇の根元から幅を縮めていきたい場合は

肩幅を変更せずに身幅だけを変更しますと胴体側のアームホールの縫いしろが縮みますので

その縮んだ分、袖のパーツの脇のアームホールの縫いしろも同じ様に縮めていけますので

腕の幅が脇の根元から細く仕上げていけますが、肩幅を身幅と同じ様に縮めていきますと

胴体側のアームホールの縫いしろが変わらなかったり肩幅をカットした分、逆に広がりますと

袖のパーツの脇の縫いしろは広がりませんので袖のパーツに合わせて胴体側の身幅を細くして

同じ縫いしろにして袖のパーツを取り付けますので脇部分の袖の幅は細くはなりません。

これからサイズダウンをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目はお客さんの好みの大きさよりも大きいサイズのショットのレザージャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後のレザージャケットの胴体部分の写真です。

3枚目は脇から裾の縫い目をばらして身幅から裾幅を細くしていきます。

4枚目は脇から裾の縫い目をほどいてお客さんお好みの幅にレザーをカットしていきます。

5枚目は脇から裾のサイドのレザー部分をカットした後の写真です。

6枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様に脇から裾の生地をカットしていきます。

写真に写ってるタグは取り外してカットした後、同じ様に縫い直していきます。

7枚目は脇から裾の裏地の生地をカットしていく前の写真です。

8枚目は裏地の生地の脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

9枚目は表のレザー部分の肩幅を細くしていくのにカットしていきます。

10枚目胴体のレザー部分の肩幅をカットした後の写真です。

11枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様に肩幅の生地をカットしていきます。

12枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

13枚目は胴体の肩幅と身幅と裾幅のサイズダウンをした後の写真です。

14枚目は袖のパーツの袖丈をお客さんの好みの長さに短くしていきます。

15枚目は内側の脇にパーツが付いてますので外して

袖山からレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

16枚目は袖丈を短くするのにレザーをカットしていく前です。

17枚目は表のレザー部分の長い袖丈を短くカットした後の写真です。

18枚目は裏地もわきにパーツが付いてますので

このパーツを取り外して表のレザー部分と同じ様に生地をカットしていきます。

19枚目は裏地の脇のパーツを外した後の写真です。

20枚目は裏地の袖丈を短くした後の写真です。

21枚目は脇のパーツを外してますので脇から肘にかけてお客さんの好みの幅に縮めていきます。

22枚目は脇から肘の幅をお客さんの好みの細さに変更して脇のパーツを付け直した写真です。

23枚目は24枚目との比較でサイズダウン前のレザージャケットの写真です。

24枚目はサイズダウン後のレザージャケットの写真です。

25枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。