大きいSchottのレザージャケットを小さくリサイズ 革ジャンサイズ直し

大きいサイズのショットのレザージャケットを小さくリサイズしていきます。

レザージャケットは大半は裏地が付いてますので裏地も表と同じ様に

ばらしましてサイズをカットして組み直していきます。

Gジャンやカバーオールの裏地のないものと比べますと、かなりの時間がかかります。

大分県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈)と

仕上がりサイズが書いてありました。

郵送でお客さんの気に入ったサイズのジャケットを見本で貸して頂けない場合は

仕上がりサイズだけですとどの位置を計られたのか、こちらが解りませんので

現状のサイズの同じ長さの位置を確認して作業に入れますので必ず書いて頂いてます。

jaket1766-1

1枚目は大分県からの郵送のお客さんの大きいサイズを

小さくリサイズしていくショットのレザージャケットです。

jaket1766-2

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

jaket1766-3

3枚目は左右の袖を外した後に脇から裾のレザーをカットしていきます。

jaket1766-6

4枚目はひっくり返した裏側から見た胴体のサイドの写真です。

jaket1766-9

5枚目は胴体の脇から裾のサイドのレザーをカットした後です。

jaket1766-4

6枚目は裏地のサイドもカットして表と同じ幅に仕上げていきます。

jaket1766-5

7枚目は裏地の脇から裾のサイドをばらした後です。

jaket1766-7

8枚目は脇から裾の裏地の生地をカットしていきます。

jaket1766-8

9枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

jaket1766-10

10枚目は表と裏地をカットした後に組み直したカットした後の写真です。

jaket1766-11

11枚目は肩幅をカットしていきます。

今回はアクションプリーツを移動さすほどの肩幅の変更はありませんでしたので

直接肩のレザーをカットしていきます。

jaket1766-12

12枚目は肩幅のレザーをカットした後の写真です。

jaket1766-13

13枚目は裏地も表と同じ様に生地をカットしていきます。

jaket1766-14

14枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

jaket1766-15

15枚目は胴体の表と裏の生地をカットして組み直した後です。

jaket1766-16

16枚目は左右の袖のサイズを変更していきます。

jaket1766-17

17枚目は長い袖丈を袖山から短くカットしていきます。

jaket1766-18

18枚目は表のレザー部分を袖山から袖丈をカットした後です。

jaket1766-19

19枚目は裏地の袖山から生地をカットして短くしていきます。

jaket1766-20

20枚目は裏地の袖丈の生地をカットした後の写真です。

jaket1766-21

21枚目は袖幅を縮めるのに裏地を外してひっくり返した袖の裏側の写真です。

jaket1766-22

22枚目は袖のサイドの縫い目を外して袖幅を細くしていきます。

jaket1766-23

23枚目は袖幅をサイドからカットした後の写真です。

jaket1766-24

24枚目は袖幅と袖丈のサイズダウンをした後の写真です。

jaket1766-25

25枚目は写真左が袖丈と袖幅のサイズダウン後の袖のパーツで

右が袖丈と袖幅のサイズダウン前の袖のパーツです。

左右で比較するとサイズが変わったのが分かると思います。

jaket1766-26

26枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後です。

jaket1766-27

27枚目は28枚目との比較でサイズダウン前のレザージャケットです。

jaket1766-28

28枚目はサイズダウン後のレザージャケットです。

jaket1766-29

29枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。

大分県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。