長い袖のレザージャケットを体型に合わせて短くリサイズ 革ジャン袖丈詰め

長い袖のレザージャケットを脇のアームホールの縫い目を胴体からほどいて

袖のパーツ単体にしてから袖山から袖丈を短くしていきます。

袖山(肩側)と袖先ではジャケットの種類にもよりますが、肘が曲がったラインの袖のパーツの場合は

袖先から短くすると肘の曲がったラインと袖先の距離が近くなり仕上がったバランスが悪くなります。

袖山からの場合は肘のラインと袖先の距離は変わりませんので自然な仕上がりになりますが、

胴体のアームホールの縫いしろの関係で袖山からの袖丈直しの限界の長さは4~5㎝までになります。

長崎県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1669-1

1枚目は長崎県からの郵送のお客さんの長い袖丈を短く直していくレザージャケットです。

jaket1669-2

2枚目は脇のアームホールの縫いしろから左右の袖のパーツを外した胴体の写真です。

jaket1669-3

3枚目は胴体から外した後の左右の袖のパーツです。

jaket1669-4

4枚目は袖山(肩側)から長い袖丈を短くカットしていきます。

jaket1669-5

5枚目は長い袖丈を短くレザー部分をカットした後の写真です。

jaket1669-6

6枚目は裏地も同じ様に袖山から長い袖丈を短くしていきます。

jaket1669-7

7枚目は裏地の長い袖丈を短くサテン生地をカットした後の写真です。

jaket1669-8

8枚目は袖山から長い袖丈を短くカットした後の左右の袖のパーツです。

jaket1669-9

7枚目は8枚目との比較で長い袖丈を短く直していく前の写真です。

jaket1669-10

8枚目は長かった袖丈をお客さんの好みの長さに短くした後のレザージャケットです。

jaket1669-1

9枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

長崎県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。