使って古くなったG-1フライトジャケットのリブを新しいリブに交換 G-1リブ取り換え

古くなって破れたり縮んだりしているG-1フライトジャケットのリブニットを新しく交換していきます。

G-1フライトジャケットのリブニットの種類は

初期モデルの裾が2枚重ねではない一枚ものの裾のリブニットか

A-2フライトジャケットと同じタイプの後期型の裾のリブニットを2枚重ねで取り付けるタイプになります。

今回のお客さんの裾のリブニットは後期型の裾のリブニットになります。

初期型の裾のリブニットを取り付けるのはM-422フライトジャケットとG-1の初期型になります。

広島県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにシールブラウンのリブニットのセットをこちらで用意して

袖と腰回りに新しく付け直したいことが書いてありました。

jaket1670-1

1枚目は広島県からの郵送のお客さんの袖と裾のリブニットを交換していく前のG-1フライトジャケットです。

jaket1670-2

2枚目は袖と裾の使ってて破れたり縮んだりしているリブニットの写真です。

jaket1670-3

3枚目はこちらでミリタリーショップMASHさんに買いに行った

G-1後期型のリブニットのセット(税込み3564円)です。

jaket1670-4

4枚目はG-1フライトジャケットの裏地側から見た裾のリブニットで取り外していきます。

jaket1670-5

5枚目は裾のリブニットをG-1フライトジャケットから取り外した後の写真です。

jaket1670-6

6枚目は袖のリブニットを取り外していきます。

jaket1670-7

7枚目は袖をひっくり返してリブニットを外していきます。

jaket1670-8

8枚目は袖のリブニットをG-1フライトジャケットから外した後の写真です。

jaket1670-9

9枚目はG-1フライトジャケットのリブニットを外された後の写真です。

jaket1670-10

10枚目は使って破れたり縮んだりした使用感たっぷりのリブニットです。

jaket1670-11

11枚目は新しく袖と裾に取り付けた後のG-1フライトジャケットです。

jaket1670-12

12枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円とリブ代が3564円です。

広島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。