所々破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換

所々破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換していきます。

今回は岩手県からの郵送のお客さんで荷物の中に交換用の新しい両袖と腰回りのリブニットが入っていて

同封したメモに両袖と腰回りのリブニットを交換したいことが書いてありました。

G-1フライトジャケットのリブニットは初期型と後期型があります。

今回のG-1フライトジャケットは初期型でリブニットも初期型のものが入ってました。

初期型のG-1フライトジャケットは後期型のリブニットを使うことは出来ますが、

困るのは後期型のG-1フライトジャケットに初期型のリブニットを取り付けようとするお客さんがたまにいますが

後期型に初期型のリブニットを取り付けるとかなり変な仕上がりになります。

初期型と後期型は腰回りのリブニットの編み方と縦の長さが違い初期型の腰回りは後期型に比べて長く

編み方が上と下で柄が違いますが後期型に取り付けると長いので上の柄があまり見えなくなり

後期型の様にA-2やMA-1と同じ折り曲げて取り付けず1枚ものなので仕上がりはかなりおかしいです。

G-1フライトジャケットは後期型は後期型、初期型は初期型を取り付けることをお勧めします。

1枚目は岩手県からの郵送のお客さんの両袖と腰回りのリブニットを交換していく前のG-1フライトジャケットです。

2枚目は荷物の中に入っていた交換用の新しいリブニットのセットです。

3枚目は元々付いてる両袖と腰回りのリブニットの写真です。

4枚目は腰回りのリブニットを取り外していく前の写真です。

5枚目は腰回りのリブニットを取り外した写真です。

6枚目は袖のリブニットを取り外していきます。

7枚目は袖のリブニットを反対側に引っくり返した縫い目の写真です。

8枚目は袖のリブニットを取り外した写真です。

9枚目はG-1フライトジャケットから両袖と腰回りのリブニットを取り外した写真です。

10枚目は元々付いていた両袖と腰回りのリブニットの写真です。

11枚目は新しく腰回りのリブニットを取り付けた写真です。

12枚目は袖に新しいリブニットを取り付けた写真です。

13枚目はG-1フライトジャケットに両袖と腰回りのリブニットを取り付けた写真です。

何度も書きますが、初期型のリブニットを後期型に取り付けると上下の柄の上の部分が見えなくなり変な仕上がりになります。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円です。

岩手県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。