CWU-36Pの壊れたジッパーを新しいものに交換 CWU-36Pファスナー取り換え

CWU-36Pのジッパーを新しいものに交換していきます。

今回は来店されたお客さんで交換用のジッパーを持ってないとのことで

クラウンやコンマーやタロンのジッパーでなくてもいいとのことで

こちらではYKKのジッパーしか用意できないことと在庫のYKKのジッパーを確認して頂いて

納得してから作業を進めていきました。

来店のお客さんは店舗の入ってるビルの構造がややこしいので必ずこのサイトのトップページ上の

店舗案内から隠せスマップを見てくだされば写真付きで来方の説明を書いてます。

店は5階にあるのですが1階に2つエレベーターがありローストビーフ丼屋さんの券売機の前の

目立つエレベーターはビルの構造上3階までしか行けません。

よく3階から上に行けないと電話がかかってきますので、そのエレベータではなく

1階の奥の角に鍵のかかった黒い扉があり右横にオートロックのインターホンがありますので

そちらを503で呼び出しボタンを押して頂きますと鍵が開いて中に5階まで来れるエレベーターがあります。

初めて来店されるお客さんは迷われる方が多いので必ずアクセスマップを見てから来ていただければ幸いです。

1枚目は壊れたジッパーをYKKの新しいものに交換していく前のCWU-36Pです。

2枚目はこちらで用意した新しいYKKのじっぱーです。

3枚目は元々付いてるジッパーのレールのコマがちぎれてますので

この様な壊れ方をしますとジッパーをまるまる交換しないことにはまるまる直りません。

4枚目はCWU-36Pから壊れたスコービルのジッパーを外した後の写真です。

5枚目は取り外した壊れたジッパーの写真です。

6枚目は新しいYKKのジッパーが長いので同じ長さに短くしていきます。

7枚目はレールのコマをカットしてテープを切って元のジッパーの長さに整えます。

8枚目は同じ長さに変更した後の写真です。

9枚目は元のスコービルのスライダーが新しいYKKのジッパーに付けてみて

上下に動作をさせても問題なかったんで新しいジッパーに付け直していきます。

10枚目は新しいYKKのジッパーにスコービルのスライダーを移植した後の写真です。

11枚目は動作を上下して確認しましたが問題なく動いてる写真です。

よく問い合わせで元のスライダーを使ってジッパーを交換したいとの問い合わせがありますが、

これは直に確認しないと出来るかどうかは分かりませんので問合せで強く言われても困ります。

確実にコンマーやタロンやクラウンといったメーカーのジッパーでないとダメな

こだわりのあるお客さんの場合は新しいその様なメーカーのジッパーを用意した方がいいと思います。

12枚目は元のジッパーと同じ長さになった後の写真です。

13枚目はCWU-36Pに新しいYKKのジッパーを取り付けた後の写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9864円です。