古くなったA-2フライトジャケットのリブニットを新しく赤リブに交換 A-2ニット直し

袖と腰回りの古くなって所々破れだしたリブニットを新しいものに交換していきます。

リブニットを交換していくのにA-2フライトジャケットの場合は色が3パターンあります。

ただ、その3パターンの色のリブニットもミリタリーショップMASHさんで販売してるもので

お客さんが遠方の方でこちらで用意して欲しい場合は直接MASHさんで買いに行ってきますが

MASHさんで販売してないリブニットの色や例えばブラウンでももう少し濃い色とか薄い色とかいう指定は

販売してる色は茶色ならその色しかありませんのでそのような指定はこちらでは困りますので

お客さんがご自分の好みの色に合ったものをパソコンか何かでお探しになって頂ければ幸いです。

お客さんが用意して頂けたリブニットへの交換もしています。

その場合はリブニットではお客さんが購入したんでリブニット代はかかりません。

話を戻しますが、A-2のリブにっつおの色なんですが、ミリタリーショップMASHさんで販売してる色は

定番のシールブラウン(茶色)と赤リブ(赤色)と

ラセットブラウン(ベージュとカーキが混じった茶色)の3パターンです。

色の確認はミリタリーショップMASHで検索して頂ければサイトにいけます。

項目が細かいのでニットパーツの項目でMA-1やA-2用のリブニットの写真が出てきます。

色の方はMASHさんのサイトで確認して頂ければ幸いです。

今回は千葉県から郵送のお客さんでご自分でMASHさんで通販された赤リブと

左肩に革パッチの取り付けとのことで取り付け位置のメモと用意した赤リブへの交換が書いてありました。

1枚目は袖と裾のリブニットを新しく交換していくのと

肩への革パッチを取り付けていく前の千葉県からの郵送のお客さんのA-2です。

2枚目は袖と裾の古いリブニットを外していく前の写真です。

3枚目はお客さんが用意されたA-2フライトジャケットの赤リブと革パッチです。

写真写りが赤リブが明るい赤で写ってますがもう少し濃い暗めの赤色です。

4枚目は裾のリブニットを外していく前の写真です。

5枚目は裾のリブニットを外した後の写真です。

6枚目は袖のリブニットを外していく前の写真です。

7枚目は袖のリブニットを外すのにひっくり返して反対は輪から見た袖の縫い目の写真です。

8枚目は袖のリブニットを外した後の写真です。

9枚目はA-2フライトジャケットから袖と裾のリブニットを外した後の写真です。

10枚目は袖と裾の外したリブニットの写真です。

11枚目は肩のお客さんの指定の位置に革のパッチを取り付けていきます。

12枚目は革パッチを肩に取り付けた後の写真です。

13枚目は新しい赤リブを袖と腰回りに付けた後です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金はリブ交換と革パッチの取り付けで11500円です。

千葉県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。