リブが縮んだり破れたりしたL-2Aフライトジャケットを新しいリブニットに交換 L-2Aリブ取り換え

L-2Aの破れたり縮んだりした襟、袖、裾のリブニットを新しいものに交換していきます。

L-2Aフライトジャケットの場合はミリタリーショップMASHさんで売ってるニットパーツですと

青色のものはAFブルーかネービーブルーかのどちらかの色になります。

L-2Aの場合はAFブルーのリブニットを選ばれるお客さんが多いです。

AFブルーとネービーブルーの色の違いのイメージは

AFブルーの方が明るい紺色でネービーブルーの方は黒に近い紺色です。

ネービーブルーのリブニットの交換に使われるジャケットはM-43のフックデッキジャケットが多いです。

今回のお客さんはMASHさんのネービーブルーのリブニットを選ばれ

そのニットパーツに新しく交換していきます。

長野県からの郵送のお客さんで荷物というっしょにメモにネービーブルーのリブニットの3点セットを

こちらで用意して襟、袖、腰周りのすべてを新しく交換したいことが書いてありました。

jaket1696-1

1枚目は長野県からの郵送のお客さんの着ているうちに

破れたり縮んだりしたL-2Aフライトジャケットです。

jaket1696-2

2枚目は新しいリブニットに交換していく前のL-2Aの襟、袖、裾のニットパーツの写真です。

jaket1696-3

3枚目はこちらでミリタリーショップMASHさんに買いに行った

ネービーブルーのセットのニットパーツ(税込み4644円)です。

jaket1696-4

4枚目はL-2Aフライトジャケットから襟と袖と裾の破れたリブニットを取り外した後です。

jaket1696-5

5枚目はL-2Aに元々付いてた襟と袖と裾のリブニットの写真です。

jaket1696-6

6枚目は新しくL-2Aフライトジャケットにリブニットを取り付けた後です。

jaket1696-7

7枚目は作業終了後です。

この作業の料金は14000円とリブ代が4564円です。

長野県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。